TOEIC初心者のための対策スクールを始めた理由

Allison's Englishのロゴ

Allison’s EnglishではTOEIC試験を受けたことが人やTOEICの点数が400点以下のTOEIC初心者を対象にしたTOEIC対策・英会話教室を開催しています。

現在3年目を迎えるAllison’s Englishは、最初の2年間は一般のTOEIC対策スクールと同じようなプログラムでTOEICの勉強方法などだけを中心に教えていました。

2017年9月よりTOEIC初心者を対象にしたレッスンを開催し始めたことにはいろんな出来事やきっかけがありました。

この記事ではそのことについてシェアしていきます!

前回のTOEICブログ:

TOEICを使った初心者向け英会話教室を始めたきっかけ

Allison’s Englishを始める前に、私は数人の仲間とともにAirbnbを使った「民泊」の会社を日本で立ち上げ、外国人観光客と連絡を取り合ったり、お家で出迎えたり、お部屋の掃除をしたり忙しくしていました。

Airbnbのロゴ写真

当時「Airbnb」や「民泊」というのは日本ではまだメジャーではありませんでした。

私が「Airbnb」を知ったきっかけは、アメリカに住んでいる社長さんに教えてもらったのが初めてでした。
Airbnbについて教えてくれたその社長さんと、その他数名で起業し、私は予約窓口と現場管理を担当しました。

外国人とのメールなどのやりとりや、現場の家の案内や家電などのマニュアルを用意、浅草や築地などの観光スポットを案内したりと大忙しでしたが、とても充実した日々でした。

社会人になるときの就職活動時点から「世界と日本の架け橋」になることを軸に、日本の企業で活躍することをずっと考えてきた私にとって、こうやって民泊を使って、外国人をアテンドできることは私の夢でもありました。

※「世界と日本の架け橋」になることを考えるきっかけになったことは私の著書である
「教えてアリスン 帰国子女の海外生活」出版元JP出版
に詳しく書いていますので、ご覧ください。

 

宿泊したお客さんにもとても喜んでいただきました。
しかし、世界中からたくさんの連絡がきたり、物件も12件ほど運営していたため、昼夜問わず仕事をし続けることに。

このときにいろんなお客さんとも話していて私自身が痛感したことがあります。

それは、日本人の英語力や英語で対応するためのコミュニケーション能力を持った人があまりにも少なかったことです。

実際に私が接したお客さんからは
「どこに行ってもなかなか英語が通じない。」(スイス人)
「英語うんぬんの前に会うことすらできない。」(ドイツ人)
「ちぐはぐな会話でもいいからもっとコミュニケーションをとりたい。」(イタリア人)
というような話をよく聞きました。

ここであなたもお気づきになったかもしれませんが、これらは実は英語圏以外の人が英語で言っているのです。
もちろんオーストラリアやイギリスなどの方々からもいろんな意見もいただきました。

私が伝えたいのは
「言語の完璧さよりも、相手に何かを伝えようとする気持ちや相手を知ろうという気持ちが一番重要なんだ」
ということです。

 

言語能力とコミュニケーション能力は別!

多くの日本の人は、どれだけ言語ができるかでコミュニケーションが取れるか取れないかと考えがちですが、実は言語能力とコミュニケーション能力は別なんです!

語彙力とコミュニケーション能力は別なんです!

言語能力をコミュニケーション能力だと勘違いしている人が多くいます。

「単語をいくら覚えても会話で使えない」
「TOEICの点数は800点あるんです!でもしゃべれない。」
な~んていうことを聞いたことがありませんか?

もしかしたらあなた自身がこの経験をしているかもしれませんね。

それとはまったく正反対に当時民泊をやっていたころ、私のところに「TOEIC教えてください!」というお友だちが数名きました。

彼らは
「会話はなんとなくジェスチャーとかをうまく使ってなんとかできちゃうのよね~」
と言っていました。

いざそんな彼らにTOEIC公式問題集を使って模擬試験を行った結果・・・
みんな200点台から400点前半という結果がでました。

※TOEIC公式問題集はこんな感じの本です↓↓ 本屋さんにもよく置いてありますよね。

 

そこで感じたのは
なぜ
「TOEICができるのに英語がしゃべれない人」と
「英会話はできるのにTOEICの点数が低い人」の
両極端な人がいるのだろうか
と考え始めたのです。

こういった人たちのギャップを見て、私は単純に「もったいない」という感情が沸き上がりました。

TOEICは英語ができる人のための「証明書」だと思います。

なので点数があるのにしゃべれない、しゃべれるのに点数が低いのような
ことは本来はあってはいけないことなのではないでしょうか?

企業とかでもTOEICができるから海外勤務に配属するなんてことありますよね。
だから会話もできないと、点数だけでは仕事にならないことが起こります。

かと言って外国人としゃべれるけどTOEICの点数が足りないので、仕事で使うことができないというようなことも起きてしまいます。

『う~ん。なんとかしてあげたい!』
という気持ちと

民泊事業で昼も夜も寝る暇もなく働き続けて
『私一人では日本と世界の架け橋になるには身体がもたない』
という気持ちが生まれていました。

 

民泊事業を止めることを決断!そしてTOEIC教室を本格的に始動!

民泊事業を初めて1年ほどたつと、日本でも多くの人がAirbnbの存在を知りはじめ、問題になったりもしました。

法律が制定されていくなかで、私たちは企業として民泊を続けることは難しいと判断し、撤退を決断。

それから数か月後
「やっぱり世界と日本の架け橋的な要素のあるものがしたい」
と思い、民泊での教訓をもとに

「そうか!世界と日本の架け橋になれる仲間を増やして、一緒に日本の良さを伝えたり世界で活躍できる人材を増やしていけばいいんだ!」
とひらめいたのです!!

そうした想いで本格的に始めたのがAllison’s English TOEIC Classでした。

TOEICによって助けられた私の人生

実は私は高校生のときにすでにTOEICスコア920点を取得していたことがありました。

TOEIC

そのTOEICスコアのおかげで、中央大学に「自己推薦(AO)枠」で入学することができたのです。

私はインターナショナルスクールの高校を卒業していたのですが、日本にあるインターナショナルスクールは日本の文部科学省に登録が無い限り、学校として認められていません。

なので、私はアメリカから正式な「高校卒業証書」が発行されているにも関わらず、日本の大学では使うことができませんでした。

そこで私は高校の時にとったTOEIC 920点を利用して、日本の大学に一人で電話をひたすら掛けました。

「私、TOEIC 920点持ってるんですが、○○大学では私のような人を受け入れてくれる学部の入学試験はありますか?」

「ごめんなさい。ありません。」
「あちらの部署につなぎます。」(周りに回され結局ダメでした)
「こちらの学校にあなたのような人を受け入れられる学部はありません。」
「もう少し早ければ推薦枠が・・・。」
「高校はどちらですか?あー。インターナショナルスクールかあ・・・。すみませんね。」
というように、なかなか私が入れる日本の大学は見つかりませんでした。

海外の大学であればすぐにでも入ることはできましたが、私はどうしても日本の大学に入りたかったのです。

そんな中、中央大学はとても前向きに返事をくれました。
「高校生でTOEIC 920点なんて聞いたことがない!ぜひ一度大学に来てもらえませんか?」

東京都八王子市にある多摩キャンパスへ行き、経済学部の職員とお話しました。

自己推薦枠に挑戦することが決まり、最初に大学による高校の学校審査も行って、見事学校審査を通過。

その後、個人審査も合格し、小論文と面接を経て中央大学に入学することができました。

TOEICの点数のおかげで私は中央大学に入学することができたのです!

 

TOEICに救われた経験を活かし、TOEIC対策教室を始動!

学生なども含め、今でも多くの人がTOEICの点数(スコア)を必要としているはず!

そこで私は過去にTOEICで勉強した方法などをもとに
TOEICの対策スクールを自身で開くことを決心しました。

それがいまのAllison’s Englishなのです!

Allison's Englishのロゴ

最初の2年間はTOEIC対策スクールと似たような内容で行いましたが、私はもっともっと初心者でTOEICに対して「難しい」「嫌だ」「できない」などを感じている人を対象に、初心者に優しいスクールをしたいと思いました。

そこで2017年9月から大幅に内容を変更することを決断!

ゲームなどを使って楽しく英語を勉強し、気づいたらTOEICの点数も英会話も両方帰国子女レベルになったというミラクルスクールになったのです。

  • 動詞ってなに?
  • 前置詞ってなに?どこまでが前置詞のフレーズなの?
  • 英単語全然わからない。
  • 英会話できない。
  • TOEIC300点以下だった。
  • 英語・TOEICが恐怖でしかない。
  • オリンピックでボランティアしたい。
  • 海外旅行を楽しみたい。
  • 転職したい。
  • いい企業に就職したい。

などいろんな方々がいままでにいました。

そんなみんなが私のスクールを卒業してそれぞれの道に進んでいき、転職したり、留学したり、海外勤務の座を得たりと目標を達成していっています!

これからもその仲間たちが世界中で活躍して、私と一緒に「世界と日本の架け橋」になっていくことを楽しみに、レッスンを続けています。

 

TOEICで自分の人生をよりよい方向へ!

日本を変えるのは、あなたかもしれない。
年齢なんて関係ありません。
私のレッスンには最年少の中学3年生から72才の方まで幅広い年齢の方が卒業生にいます。

Play-English Class Step1授業風景

いつ始めても遅くありません。
学生のときにもっとあーすればこーすればよかった思っていればいるほど、早く始めるべきです。

なぜなら生徒さんから「もっと早くこの内容知っていればよかった。」と言われるからです。(笑)

「学生のときにこういう教育を受けたかった」と言いながらレッスン受ける人たちが何人もいます(笑)

というわけですこし脱線しましたが、

私は中央大学で応援団をやっていたこともあり、頑張っている人を応援したくなるのは私のくせです。
私のところにきたら全力であなたのことを応援いたします。

TOEICの重要性は自分でも体験したからこそ、たくさんの人にも英語を勉強するためのツールのひとつとして一緒に勉強していきたいと思っています。

一緒に「世界と日本の架け橋」になりましょう

アリスン

Allison’s EnglishのPlay-English Classでは

Play-English Classでは、

  • TOEICを全くやったことない方
  • TOEICが今現在300点台、400点台の方

を対象にTOEIC600点台レベルを目指して、勉強を行っています。

Allison’s EnglishのPlay-English ClassではTOEIC600点台を目標に、TOEICの点数と、そのレベルにあった英会話力を手に入れられるように英語・TOEICの勉強の仕方やコツ、英会話やスピーチなどでのポイントなどを3段階のSTEPに分けて勉強していきます。

  1. STEP1:英語の動詞(verb)を中心に英語の基礎、基本をゲームを使って一緒に再確認しながらネイティヴの勉強方法や考え方を身につけます。
  2. STEP2:副詞、形容詞、前置詞の使い方について学んでいきます。TOEICの試験問題にコツを交えながらがっつり取り組んでいきます。また、英語でスピーチ、プレゼンを行うさいのポイントを海外の子供用教材を使いながら身につけていきます。
  3. STEP3:ここではTOEIC600点を取るのに必要な、英語のイディオムをゲームを通じて覚えていきます。他にもSTEP2で学んだ前置詞の続きも復習をしながら学びます。

上記のSTEP以外にもAllison’s Englishでは、フォローアップのクラブ活動【Allison’s Club】もご用意しています。

Allison’s Clubでは英語を使って算数をしてみたり、海外の子どもが受ける授業をアリスンが月に一回行っていく他、SNSのVoice Message機能を使って英語の音声トレーニングを行っています。

Play-English Classを受講した生徒の試験結果も出ています!

掲載の許可をいただいた方の試験結果はこちら

 

そんなAllison’s EnglishのTOEIC対策教室【Play-English Class】では体験セミナーを開催しています!

TOEIC初心者向けPlay-English Class体験セミナー開催中!

初心者のためのTOEIC対策クラス『Play-English Class STEP1』

Allison’s EnglishのTOEIC初心者のためのTOEIC対策クラスでは海外で生まれ育った代表講師のAllison(アリスン)が自身の経験を踏まえたうえで、日本人にとって必要な英語の基礎力や海外の考え方をゲームなどを交えて楽しく学ぶ、TOEIC初心者のための授業を行っています。

現在、Allison’s English PlayEng Class体験セミナーを恵比寿、もしくは永田町で開催しています!

ご興味のある方は当ホームページのPlay-English Classをご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です