日本人がよく言う「ビジネス英語」とはいったいなんなのか?

ビジネス英語ってなんなのか?

日本中で今、「ビジネス英語」を勉強しようという試みが広まっています。

しかし帰国子女の私、アリスン、は「ビジネス英語」というのを日本に帰ってくるまで聞いたことがありませんでした。

どうして日本では「ビジネス英語」が注目されているのか自分なりに分析したところ、3つのポイントがあるのではないかというところにたどりつきました。

今日はその三つのポイントについてブログを書いてみたいと思います。

 

ビジネス英語なんて存在しない

ビジネス英語

冒頭でお伝えした通り、日本に帰国して初めて「ビジネス英語」という概念を私は知りました。

しかし、海外では「ビジネス英語」なんて分野を勉強する人なんていません。

海外の友だちとそのような話題を振っても「???」とはてなを頭に浮かべ、「ビジネス英語とはどういう意味?」と逆に質問されるぐらいでした。

ビジネス英語ってなに?

そこで私は日本で「ビジネス英語」と言われているものを3つのカテゴリーに分けました。

  1. 敬語を表す言葉
  2. 言葉の言い換え
  3. 専門用語

この三つについてより深く見ていきましょう。

 

ビジネス英語① 敬語を表す言葉

まず敬語についてです。
多くの方が「英語には敬語がない」というのを知っていると思います。

そうです、だから外国人にもピンとこないのだと思います。

年齢が上だからとか下だからというのは欧米の仕事上では関係ありません。

できるかできないかで勝負します。

だから尊敬していたとしても「気持ち」があれば十分です。

言葉で尊敬している、丁寧に扱っているを表す必要がないのです。

ただし、王室文化のイギリスやヨーロッパの方が、アメリカよりも上下関係の文化はあります。

そのため
Thank you, Sir.
とか
Hello, Mr. Smith.
とか
ちょっとした丁寧な言い方が使われる場合があります。

しかし、これは逆にビジネスにおいては不要だと私は考えます。

最近、世界的に常識が変わっているような気がします。

スティーブ・ジョブズがジーパンで社長を務めていたり、ホームレスから一流の仕事人になっている人もたくさんいます。

そんな中で言葉の間違いのひとつやふたつは、仕事ができていれば全く問題ありません。

英語が上手い・下手ではなく、細かい仕事ができる日本人独特の強みをどんどん出していく事の方が、私は大切だと思います。

 

ビジネス英語② 言葉の言い換え

英語は語彙力・言い換えが重要

私が次に思う「ビジネス英語」は、言葉の言い換えです。

私の過去のブログにも英語は言葉の言い換えをたくさんするということを紹介しました。

英語には同じ意味を持つ単語がたくさんあるのを英語を少し勉強していくと、最初の方の壁として出てくるものではないでしょうか。

例えば「海外」という言葉は

  • Overseas
  • Foreign countries

と言うことができ、どちらも「海外」を表します。

相づちである「なるほど」も

  • I see  I understand
  • Wow
  • Really
  • Mhm

などなどいろんな言葉を使うことができます。

いろんな言葉を使いこなすことを欧米では「かっこいい」と思われており、「頭がいい」ことの象徴でもあります。

ただし、それは英語が第一言語の人たちからする「偏見」です。

英語を第二外国語として勉強している人にそのようなことは求められていません。

むしろシンプルにわかりやすく、情報のミスが無い状態の方が好まれます。

難しく考えず、簡単な言葉でお互いに理解し合えることを優先した方がいいと思います。

 

ビジネス英語③ 専門用語

専門用語

最後に私が思う「ビジネス英語」は専門用語だと思います。

多くの日本人の傾向として、英語になると自分の範囲外のことまで全て理解しようとしてしまうことがあります。

日本語でもできないこと、知らないことを英語になると、100%理解して、ぺらぺらしゃべれるようになることはかなり難しいです。

私も英語を教えていますが、不動産用語、医療用語、システム用語など全くわかりません。

アメリカ人の友達に聞いても、その仕事をしていない限りは知らない人がほとんどです。

ここで!
私がオススメしたい勉強方法があります。

それは自分の使う分野の日本語をまず確認したうえで、その内容から英語にしていくことです。

いろんなジャンルで英語をしゃべれるようになるのはその次にできるようになってくると思います。

まずは普段自分が使っている言葉を翻訳してみましょう。
LINEやメールでやりとりしている内容が自分が使う言葉たちです。

その言葉たちから少しずつ変換していくのがコツです。

言語が変わっても自分がよく使う単語は同じになるのです。

不思議ですよね。

私は英語で「Exactly!」とよく使います。日本語では「それな!」と使ってしまうのはこの現象です。

専門用語よりも身近な単語から英語で使っていってみてください!

気づくことから始めると英語もちょっぴり楽しくなると思いますよ!

 

まとめ

このような三つの「ビジネス英語」のポイントはどの英会話スクールでも取り入れられているものだと思います。

日本の英会話・英語教室であればどこでも重要視していることだからです。

私の英会話&TOEICスクールでは、この「ビジネス英語」よりももっと大切なことを教えています。

もうきっとご存知ですよね???

気になる方はぜひ私の話を聞きに体験セミナーに参加してみてはいかがでしょうか?

LINE@登録していただくと無料でセミナーに参加することもできます。

少しでも人生のプラスになるように私も全力を勤めてお話させていただいています。

詳しくは下の詳細をご確認ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Have a good day!
Allison

 

TOEIC0点から始めるPlay-English Class開催中!

初心者のためのTOEIC対策クラス『Play-English Class STEP1』

Allison’s EnglishのTOEIC初心者のためのTOEIC対策クラスでは海外で生まれ育った代表講師のAllison(アリスン)が自身の経験を踏まえたうえで、日本人にとって必要な英語の基礎力や海外の考え方をゲームなどを交えて楽しく学ぶ、TOEIC初心者のための授業 を行っています。

現在、Allison’s English PlayEng Class体験説明会も開催しています!

ご興味のある方は当ホームページのPlay-English Classをご覧ください。

 

会話もできて!
TOEICスコアもぐんぐん伸びる!

My name is…しか
話せない人こそ大歓迎の教室

【Allison’s English】
公式LINE@始めました♪

TOEICのスコアは伸びたけど、
肝心の英語は話せない、、、

英語は話せるけど、
TOEICスコアはイマイチ、、、

そんな悩みをスッキリ解決!
【Allison’s English】

Allison’s Englishの公式LINE@では

英語のワンポイントレッスンや

英語ネイティヴの英語に対する考え方など

簡単にお送りしています!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
英語の壁を越えることで、
あなたの世界をもっと広げたい!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

そんな想いを込めて
配信していきます♪

【Allison’s English】
公式LINE@はこちらから

Allison's English LINE@

auの方はID登録お願いします♪
▷@gak0189b

Allison's English 体験セミナー開催中!!

Allison's Englishでは、TOEICに初めて触れるという方でも安心して、TOEICや英語の基礎をゲームなどを使って楽しく学ぶことができます。
これまでも多くのTOEIC初心者が当校で英語の基礎を学ぶことによってTOEICスコア500点、600点、700点突破を達成し、英語力の向上に成功しています!
そんなAllison'sのレッスンを体験できる【体験セミナー】を東京の恵比寿もしくは永田町で毎月開催中!

Allison's Englishのレッスンを受ければあなたも会社や学校に堂々と提出できる点数を手に入れるようになれます。
ご興味のある方はぜひ体験セミナーにお越しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です