TOEIC初心者に知ってほしい、TOEIC点数と英会話能力両方必要なわけ

英語のすごい勉強方法がここにあった

私の周りにはこんな人が多くいます。

  • TOEICはできるけど英会話ができない
  • 英会話はまあまあできるけどTOEICができない

という両極端な人です。

その中の英会話はまあまあできるけどTOEICの点数が低いという人が、Allison’s Englishの生徒になってPlay-Englishクラスを受講しています。

せっかくの英会話力があるのであればその英会話力をさらに活かすために、TOEICを”自らの英語の証明書”としてもっておくことはとても重要だと思います。

実は、TOEICと英会話の両方ができていることがとても重要なことなのです。のちほど記載しますが、私自身それを痛感する経験をしてきました。

なので、片方だけできていることは危険な状態でもあると私は考えています。

前回の記事:

 TOEIC未経験もしくはTOEIC初心者のためのTOEI...
TOEIC未経験もしくはTOEIC初心者のためのTOEIC対策講座|Allison's English
https://allisons-english.com/toeicblog7/%20‎
TOEIC未経験もしくはTOEIC初心者のためのTOEIC講座です。思いっきり楽しくTOEICを学ぶというのをコンセプトにレッスンを行う他にはない初心者向けTOEIC対策教室です。

一般の英語学校

TOEICの勉強と英会話の勉強はどんなものがある?

一般の英語学校には二種類あります。

  • 一つは英会話を中心として、マンツーマンもしくはグループ形式のもの。⇒ 英会話スクール
  • そしてもう一つがTOEIC対策を中心とした、短期間の集中講座です。⇒ TOEIC対策スクール

一つずつそのメリットとデメリットを合わせて見ていきましょう!

英会話スクール

英会話のマンツーマンなら、一対一でネイティヴを独占して英会話をがっつり勉強することができます。

そしてその人のレベルに合わせた会話になるので、日常会話を勉強したければ、テキストやテーマにそった話し合いをします。

ビジネスで必要であれば仕事の内容で会話を勉強することができます。

やる気があるときとないときで自分で調整できることもメリットです。

私はやる気がないときに無理矢理「英語をやらなければいけない」という状態で勉強しても、何も身につかないし意味がないと思っています。

なのでモチベーションがない状態で英語の勉強はおすすめしません。

コツコツ自分のペースでできることが重要でしょう。

TOEICスクールと英会話スクール

 

デメリットは、会話のさいにその人に合わせたペースでしゃべり過ぎてしまうことです。

どういうことかというと、たとえ相手がネイティブだったとしても、生徒が自分の話すスピードについていけない場合はゆっくりしゃべってしまうということです!

これは危険です!

なぜなら、実際の海外での英会話や仕事での会話では、そんなにゆっくりしゃべってくれる人はいないからです。

TOEICに出てくるリスニングの問題はその点、現地の人たちがしゃべるスピードに近い速さで再現されるように新形式以降は改善されてきました。

このリスニングが聞き取れて、それなりのスピードでしゃべれるようになると、急にネイティブ級に成長するのです。

 

TOEIC対策スクール

TOEIC対策スクールで勉強するのはなぜ大変なのか

TOEIC対策スクールに行って挫折したという人も私の周りに多くいます。

なぜ挫折するのか?

それはほとんどのTOEIC対策スクールは、詰め込み型の勉強法だからです。

TOEIC対策スクールによって2ヵ月での目標点数はさまざまですが、だいたい200点ほど上げるわけですから、自分にムチ打ってかなりの単語を短期間で覚えたり、問題集をひたすら解かされたり、隙間時間をとにかく無駄にしないようにします。

ドMならちょっとわくわくするかもしれない内容です(笑)

でも普通はさらに仕事をしつつ勉強しなければならないので、なおさら難しいと思います。

体育会系の、かつ仕事でTOEICの点数を持ってないとクビだという人は、必死に短期間で集中してTOEICの試験勉強ができて、結果がでるので、理論的に考えればとても効率的でお得です。

デメリットは、あくまでも「試験英語」なので、会話に全く活かされないことです。

 

なぜ英会話と点数の矛盾がおきるのか?

勉強方法の矛盾

私の経験上、TOEICの点数が高くて英語が喋れないという人は、必死に覚えた文法や単語をどのように使ったらいいか会話の場で迷ってしまう人が多く見受けられます。

英会話の際に文法やら単語やらを頭の中で考えていては、実際の会話の流れに置いていかれて言葉に表すことができなくなってしまいます。

また、会話はできるけどTOEICで点数が取れないという人は、会話での表情やジェスチャー、声のトーンなど複数の情報をいっぺんに処理して「なんとなくこんなこと言っている気がする」という判断ができるが、しっかりと意味を正確なまでには理解できていないという人が多い気がします。

何が言いたいかというと

前者が左脳的、後者が右脳的な脳の回転をする人ということです。

もちろん人間どちらの脳も動きますが、あくまでもクセとしてどちらが強いかということです。

このクセがあること自体はいいことです。このクセを理解していなければ、片寄った勉強方法になってしまいます。

片方だけをどんなに勉強しても、限界があります。

会話と試験英語を効率よく、交互にバランスを考えて勉強すると、両方のレベルに限界はくることはありません。

Allison’s Englishのレッスンは、このバランスをとことん考えて内容が作られています。

しっかりと自分のクセを理解することで、自分に合った勉強方法を考えることができるからです。

 

それでは左脳と右脳の勉強方法をそれぞれお伝えしていきます。

左脳的勉強法

論理的、左脳的英語とTOEIC勉強方法

左脳的勉強方法でいちばんおすすめの勉強法は、ずばりTOEIC対策スクールにいくことです。

要点をまとめて単語をたくさん覚えることで、自分の英語力をあげます。

ただし!

単語などをたくさん勉強して、TOEICの点数が上がったら、今度は会話に集中していきたいですね。

なので、次にやるべきことは、覚えた単語がどのようなシーンに使われてるかを確認するために、下記のどれか、もしくは全部を試してみることです。

  • 映画や海外ドラマを見る
  • TOEICに出てくる会話をしっかりイメージ(難しい場合は絵を書いてみる)
  • 海外のお友達がいたり、お店で近くに外国人がいたらその会話を聞いてどんな単語を使っているか確認する

のような方法がおすすめです!

左脳的勉強方法で注意しなければならないのは、コミュニケーション自体を司るのは右脳寄りの仕事です。

なので、基本左脳思考の方は文法などを気にしすぎて会話が難しいこともあります。

あるていど単語を勉強したら、右脳的勉強法に移ることをおすすめします。

 

右脳的勉強法

TOEICや単語をイメージで勉強するとネイティブになれる

私の経験的な考えですが、右脳タイプの人はあまり単語を覚えすぎてしまうことはよくないと考えています。

単語を覚えすぎてしまうと、考えすぎてしまって言葉にならないのです。

単語を覚えるならば、単語の意味だけではなく、その単語のイメージやシーン、もしくは感覚を覚えてほしいと思います。

これを読んでくださっているあなたには「日本語的な感覚」が必ずあるはずです。

例えば本数を数えるときに「いっぽん、にぽん、さんぽん」といいませんよね?私は日本語的な感覚がなかったので、このように数えていました。

英語にも同じような「英語的感覚」があります。

私のYouTubeにも「〇〇のニュアンス」系の動画で紹介しているのがまさしくネイティブ的感覚です。

このネイティブ的感覚を身に着けるためにTOEICは有効です。

 

順番にお伝えしていますが、どの番号からチャレンジしていただいても大丈夫です!

  1. リスニングCDを聞き流す(音をおっかけたり、なんとなくこんなこと言ってるのかなって思ってみたり、睡眠学習してみたり、あまり力みすぎないことが重要です!)
  2. リーディングの問題を声に出して読む(読むことで音の流れがわかってきます。これが実際の会話やTOEICの問題になったときに次にこの単語がいちばんしっくりくるという感覚を身に着けてくれるのです。)
  3. リスニングCDの言葉を書き出してみる(自分が聞こえる音と実際の内容を照らし合わせて、何をどのように聞き間違えているのか、そして何が必要なのかを確認してください!aとかtheとかを入れるタイミングやネイティブ的感覚やクセを身に着けてくれます)

 

上記のトレーニングをするにはIiBCが出版しているTOEIC公式問題集を使ってするのがオススメです!

まとめ

勉強方法は人それぞれですが、私がここで伝えたいことは

「自分に合った勉強方法」

で英語を勉強してほしいということです。これができればより早く身につくと思います。

「自分に合った勉強方法」がわからないから苦労しているんだ、という声も聞こえてきそうですね。

勉強している「意味」や「楽しみ」を見つけ出すことから始めていくことも大事です。

これをしていると一見立ち止まっているように見えるかもしれませんが、立ち止まって体制を整えることも重要です。

Allison’s Englishでは、その人に合わせた勉強方法をとったり、一緒に考えていきます。そして、楽しいからこそ身に着けられることがだくさんあります。

励まし合える仲間もいます。

Play-English Class体験セミナーに参加していただければ、その楽しさもきっとおわかりいただけると思います♪

Allison’s EnglishのPlay-English Classでは

Play-English Classでは、

  • TOEICを全くやったことない方
  • TOEICが今現在300点台、400点台の方

を対象にTOEIC600点台レベルを目指して、勉強を行っています。

Allison’s EnglishのPlay-English ClassではTOEIC600点台を目標に、TOEICの点数と、そのレベルにあった英会話力を手に入れられるように英語・TOEICの勉強の仕方やコツ、英会話やスピーチなどでのポイントなどを3段階のSTEPに分けて勉強していきます。

  1. STEP1:英語の動詞(verb)を中心に英語の基礎、基本をゲームを使って一緒に再確認しながらネイティヴの勉強方法や考え方を身につけます。
  2. STEP2:副詞、形容詞、前置詞の使い方について学んでいきます。TOEICの試験問題にコツを交えながらがっつり取り組んでいきます。また、英語でスピーチ、プレゼンを行うさいのポイントを海外の子供用教材を使いながら身につけていきます。
  3. STEP3:ここではTOEIC600点を取るのに必要な、英語のイディオムをゲームを通じて覚えていきます。他にもSTEP2で学んだ前置詞の続きも復習をしながら学びます。

上記のSTEP以外にもAllison’s Englishでは、フォローアップのクラブ活動【Allison’s Club】もご用意しています。

Allison’s Clubでは英語を使って算数をしてみたり、海外の子どもが受ける授業をアリスンが月に一回行っていく他、SNSのVoice Message機能を使って英語の音声トレーニングを行っています。

Play-English Classを受講した生徒の試験結果も出ています!

掲載の許可をいただいた方の試験結果はこちら

 

そんなAllison’s EnglishのTOEIC対策教室【Play-English Class】では体験セミナーを開催しています!

TOEIC初心者向けPlay-English Class体験セミナー開催中!

初心者のためのTOEIC対策クラス『Play-English Class STEP1』

Allison’s EnglishのTOEIC初心者のためのTOEIC対策クラスでは海外で生まれ育った代表講師のAllison(アリスン)が自身の経験を踏まえたうえで、日本人にとって必要な英語の基礎力や海外の考え方をゲームなどを交えて楽しく学ぶ、TOEIC初心者のための授業を行っています。

現在、Allison’s English PlayEng Class体験セミナーを恵比寿、もしくは永田町で開催しています!

ご興味のある方は当ホームページのPlay-English Classをご覧ください。

 

Allison's English 体験セミナー開催中!!

Allison's Englishでは、TOEICに初めて触れるという方でも安心して、TOEICや英語の基礎をゲームなどを使って楽しく学ぶことができます。
これまでも多くのTOEIC初心者が当校で英語の基礎を学ぶことによってTOEICスコア500点、600点、700点突破を達成し、英語力の向上に成功しています!
そんなAllison'sのレッスンを体験できる【体験セミナー】を東京の恵比寿もしくは永田町で毎月開催中!

Allison's Englishのレッスンを受ければあなたも会社や学校に堂々と提出できる点数を手に入れるようになれます。
ご興味のある方はぜひ体験セミナーにお越しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です