TOEIC初心者におすすめのTOEIC試験時間配分と対策法

2018年最初のTOEIC公式テストが1月28日(日)に開催されました!

受験された方、手応えはいかがでしたか??

今回はTOEIC初心者の方がTOEIC試験200問の1問あたりにかける時間について書いてみました!

Allison’s English生徒の声 & TOEIC試験結果

リスニングテストについて

リスニングパートでは

TOEIC試験というのはリスニング100問、リーディング100問の計200問を2時間で解いていきます。

ただし、まだ受験されたことのない方はご存知ないと思いますが、TOEICリスニング試験は約45分の音声テープを聞きながら同時並行で問題に答えていく形式の試験となっています。

なので自分で時間配分を行いながらできるパートというのは、後半の75分で解くリーディングパートということになります。

じゃあリスニングテストでは、何もしないで聞こえてくる音声に沿って単純に問題を解いていけばいいのか、という意見も聞こえてきそうですが、実はリスニングテストでもやれることはあるのです!

それはなんなのかというと先読みをするということです。

先読みとは何かというと、Part1で言うと音声が問題の解き方などを説明している間にPart1の写真問題の写真を事前にチェックしておき、どういった問題が出るのかを把握しておくことです。

ではPart3、Part4ではどのように先読みするのかというと、Part1のときと同じようにPart3の説明をしている間にまず問題番号32~34に何が書いてあるのかを先読みし、ポイントを押さえます。
Part3の説明音声はおよそ30秒くらいです。

そして問題の会話文が読まれ始めたら、会話を聴きながら33~34に回答していきます。

会話が流れた後、ナレーションの声が「No.32 What does the man…」と問題文を読み上げますのでその間に、次の問題No.35~37の先読みをします。

その時間がおよそ30秒強ありますのでその間に次のポイントを押さえるのです。

リスニングパートではこのようにして、Part2以外の各パートを約45分の間で時間調整をして先々の問題を先に頭に入れておきます。

そうすると本城式英会話スクールの本城武則氏が提唱している”言語的常識”というものが把握できるようになり、よりリスニングの内容が頭に入って来やすくなって得点UPにつながります。

本城式英会話スクールHP

よく紹介されている時間配分はTOEIC上級者向け!?

TOEICの試験時間の配分についてのイメージ写真

リーディングパートの時間配分はどのように行えばいいのか、Google検索をかけてみるといろんなサイトで時間配分について書いてありますね!

200問全ての問題の時間配分を知りたい方はRarejob English Labの記事トイグルの記事に詳しく書いてあるので読んでみるのもおすすめです。

しかし、まずはTOEIC500点、600点を目指すという方が200問全ての問題を解くことを前提にした時間配分をすることは、果たしてその人に合った時間配分と言えるのでしょうか?

私はそうは思いません。

例えばPart5の問題は全部で30問ありますが、時間配分について書いている記事を見てみると30問を10分~15分で解くように推奨しています。

Part6も16問を5分〜10分で解き、Part7は54問を55分で解くという感じです。

私はこの時間配分は、TOEICで800点以上を取りたい方たちに推奨な時間配分だと思っています。

TOEIC500点、600点越えを目指す人向けの時間配分は?

Play-English Class Step1授業風景

私は、その人が目指す点数に合わせた時間配分を行うことが適切な時間配分だと思っています。

実際にAllison’s EnglishでTOEICについて学んで、その後600点以上を取得した生徒たちの時間配分はどうなのかというとこんな感じです↓

Part5 = 15分〜20分

Part6 = 0分〜15分

Part7 = 45分〜60分

驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、Allison’s EnglishでTOEIC600点を取得した生徒の中にはPart6を0分という生徒もいます!(笑)

0点といってももちろんとりあえず(A)を全塗りしてはいます(笑)

そう!

実はTOEIC600点越えを狙う人はわざわざ全ての問題に律儀に目を通さなくても600点以上を取れてしまうんです!

上記の時間配分にだいぶ振り幅があるのに気づきましたか?

それはなぜかというと、人それぞれTOEICの問題との相性が違うから。

例えばPart6を0分でしている生徒はPart6がものすごく苦手でした。
なので、無理して苦しい思いをしながらPart6をやって時間を潰すよりは、その生徒が得意なPart7により時間を使えた方が得点が取れるため、そのような時間配分となっています。

その生徒のリーディングの時間配分はこんな感じです↓

Part5 = 15分

Part6 = 0分(塗り絵だけ)

Part7 = 60分

先ほども言いましたが、人によって得意不得意はさまざまです。

私はTOEIC600点台を目指す方までは200問全問やるような時間配分をする必要はないと思っています。

自分で自分の得意、不得意なところを把握した上で自分に合った試験の時間配分を決めるのが一番です!

自分に合った時間配分を決めるためにすること!

では自分に合った時間配分はどのように作ればいいのかお教えします!

まずは自分がどこのパートが得意で不得意なのかを洗い出すために、模擬試験を行います。

書店に行くといろんなTOEIC問題集の本があるのでそれをどれか一冊でいいので、買ってやってみてください。

私のおすすめの問題集は、IiBCが出版しているTOEIC公式問題集です!

公式で発行されているため音声も問題自体もとても安定していて、安心して練習ができます。

その模擬試験を最低でも2回から3回はやってみて、「ここは毎回苦手だなぁ。時間が掛かっちゃうなぁ」と思うところと、実際に点数の伸びが悪いところをあぶり出しましょう。

それがわかってくると自分が、どこに時間をかけて、どこを手を抜いてもいいのかがわかってきます。

その上で自分の長所を伸ばしていくのが私のおすすめですが、弱点をとことんやってみるというのも後のさらなるステップアップに繋がります。

Allison’s Englishでは生徒一人一人に寄り添ってフォローアップなどもしているため、その生徒に合った勉強方針や時間配分のアドバイスなども行っています!

Allison’s English Play-English Class

ここで紹介した以外のTOEIC初心者の方におすすめの勉強に役立つ本や小道具などは『TOEIC初心者のためのおすすめテキスト・参考書・問題集の選び方と活用法』にも書いています。

TOEIC0点から始めるPlay-English Class開催中!

初心者のためのTOEIC対策クラス『Play-English Class STEP1』

Allison’s EnglishのTOEIC初心者のためのTOEIC対策クラスでは海外で生まれ育った代表講師のAllison(アリスン)が自身の経験を踏まえたうえで、日本人にとって必要な英語の基礎力や海外の考え方をゲームなどを交えて楽しく学ぶ、TOEIC初心者のための授業を行っています。

現在、Allison’s English PlayEng Class体験説明会も開催しています!

ご興味のある方は当ホームページのPlay-English Classをご覧ください。

 

会話もできて!
TOEICスコアもぐんぐん伸びる!

My name is…しか
話せない人こそ大歓迎の教室

【Allison’s English】
公式LINE@始めました♪

TOEICのスコアは伸びたけど、
肝心の英語は話せない、、、

英語は話せるけど、
TOEICスコアはイマイチ、、、

そんな悩みをスッキリ解決!
【Allison’s English】

Allison’s Englishの公式LINE@では

英語のワンポイントレッスンや

英語ネイティヴの英語に対する考え方など

簡単にお送りしています!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
英語の壁を越えることで、
あなたの世界をもっと広げたい!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

そんな想いを込めて
配信していきます♪

【Allison’s English】
公式LINE@はこちらから

Allison's English LINE@

 

Allison's English 体験セミナー開催中!!

Allison's Englishでは、TOEICに初めて触れるという方でも安心して、TOEICや英語の基礎をゲームなどを使って楽しく学ぶことができます。
これまでも多くのTOEIC初心者が当校で英語の基礎を学ぶことによってTOEICスコア500点、600点、700点突破を達成し、英語力の向上に成功しています!
そんなAllison'sのレッスンが体験できる【体験セミナー】を東京の恵比寿もしくは永田町で毎月開催中!

Allison's Englishのレッスンを受ければあなたも会社や学校に堂々と提出できる点数を手に入れるようになれます。
ご興味のある方はぜひ体験セミナーにお越しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です