TOEIC(公式・IP)の試験が難しくなった!?TOEICの問題を調査しました!その①

リスニングパートでは

Allisonです!

今日はTOEICの新しい形式についてのお話です。

TOEICを初めて受ける人には分かりづらいかもしれませんが、TOEICの試験は、公式試験が2016年5月から、IP試験が2017年4月から試験内容がレベルアップしました。

難しくなったというよりは、比較的答えやすかった問題が取りづらくなりました。

ではどのように変わったのか?

TOEICテストを高校生の時から受験し続けたTOEIC経験を生かして、私、Allison(アリスン)が調査してみました!

前回の記事:

TOEIC試験について

Play-English ClassでTOEIC勉強にしている生徒さん

今回はTOEIC試験リスニング問題のPart 1とPart 2を見ていきます。

 

と、その前に、

まずはTOEIC試験がどのようなものなのか見ていきましょう!

 

TOEIC試験とは、IiBC(一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会)が主催している、英語力を測る試験の一つです。

試験題材はおもに、日常会話やビジネスシーンでの会話をテーマに問題がつくられています。

TOEIC試験には、L&R (Listening and Reading)の聞くことと読むことの英語力を測る試験と、S&W(Speaking and Writing)の会話と書くことの英語力を測る試験があります。

S&Wは、ここ数年でできた試験なので、企業などの英語力を測るものさしとしては、まだまだ採用されていない現状があります。

一般的な会社や大学などで求められる、「TOEIC 500点必要ですよ」と言われているようなTOEICの結果は、TOEICのL&Rでの点数(スコア)です。

TOEIC L&Rは問題が全部で200問あります。

200問のうちリスニングが100問、リーディングが100問です。

時間的にはリスニングには45分、リーディングは1時間15分となっています。

TOEIC試験に時間は足りません

TOEICは、基本的に時間との戦いなので、よほど英語力がある人や厳しいTOEIC対策をしている人以外は、最後の問題まで解けないという人がほとんどです。

なのでTOEIC初心者は、「最後まで問題が解けなくて当たり前」という心構えでいることが、オススメです☆

TOEICの試験中に、試験の残り時間ばかりを気にしていると、普段は簡単に解けるような問題すら、「リーディング問題を解くのに時間が足りない!」という焦りから、解けなくなることがあります。

TOEIC800点以上や900点以上を目指しているわけではないなら、200問全てを解く必要はありません。

Part7の後半20問、もしくはPart6を、

  • (A)
  • (B)
  • (C)
  • (D)

どれか一つで塗り絵にしてしまって、時間の余裕を作るように心がけましょう。

Allison’s Englishの生徒の中には、Part6を全問(A)で塗り絵して、その分の時間を他のパートに回したらTOEICスコア600点以上を取得したという人もいます!

ですから、ハイスコアを狙っている訳では無い人、TOEIC初心者の方は、200問全問にチャレンジするのはやめておきましょう。

TOEICリスニングパート

 

リスニングパートでは

それではTOEICリスニングパートの、新形式での変化点についてお話しします。

リスニングの全体的な変化としては、旧形式にくらべて、CDの音声の英語を話すスピードが速くなりました。

その理由としては以下の2つが挙げられます。

1:解説文が減った

問題を解くときに、リスニングでは、司会のような人(ナレーター)がPartごとに細かく問題内容を解説してくれます。

例えばこんな感じ↓↓↓

”Part1. Directions. In this part you will…”

これは何を言っているのかというと、「パート1ではこのような問題が出ます。なので、このように答えましょう」と英語で説明してくれているのです。

Part2では問題が始まる前に、解説として会話問題のサンプルがあったのですが、そのサンプルが丸々なくなりました。

これを減らしてまで音声のスピードを上げなければならなくなった理由が次です。

 

2:ネイティヴ音声のしゃべる内容が増えた

実際に本屋さんに行って、「公式問題集」と書かれている「Vol.1〜6」までの内容の公式問題集と、「新形式」または、「Listening and Reading」と書いてある公式問題集を見比べてみてください。

内容を見てみると大体の問題が、2センテンスほど増えていませんか?

もしくは

文字が小さくなっていませんか?

じつは、TOEIC試験は新形式の問題になってから、ネイティヴスピーカーのしゃべる音声内容が増えました!

しかも、それを今までと同じリスニングパート時間の約45分で納めなければいけません。

となると、録音するネイティブスピーカーはしゃべるスピードを上げざるを得ません。

上記のふたつの理由のためにリスニング試験のスピードが上がったのです。

※なので今後、TOEICの試験対策で公式問題集などを使う際は、上記画像の赤い方の公式問題集を使用するようにしましょう。

追記:最新版は2018年10月から発売されている、”公式TOEIC(R) Listening & Reading 問題集4″になります。

 

TOEICは新形式になってやっと実際に使えるレベルになった!

TOEICと英会話の関連性

私は新形式でのリスニングのスピードが上がったことは、とても良いことだと思っています!

なぜなら、しゃべるスピードが上がったことによって、海外の日常会話で話すスピードに最も近くなったからです。

私はよくTOEICに関してこんな質問を受けます。

「TOEICテストを受けても、結局、実践では使えないから意味がないんじゃないの?」

ハッキリ言います。

昔はそうでした!

今までのTOEICの問題では単純な正直、全く意味がありませんでした。

今までのTOEIC試験の会話スピードだと、試験以外の実際の外国人のスピーチが聞き取れなかったり、外国人との英会話を聞き取ることが難しかったと思います。

その点、今はリスニング試験のスピードが速くなった分、点数は取りづらいですが実践の英会話に近く、身につきやすいリスニング問題になりました!

ぜひ2016年5月よりも前にTOEIC試験を受けていたら、最新の試験を受けてみてください!

今の本当の英語力が試されます。

この新しい形式の音声スピードを活かしてリスニング力と発音力をUPさせる勉強方法を、『TOEIC初心者におすすめするTOEIC勉強方法とTOEIC対策』にてご紹介しているので、こちらもお読みください。

※追記:こちらの記事もオススメです↓↓↓

TOEICで使えるコツや、勉強法などを詳しくご説明しています☆

 

 

「TOEIC受験が初めての方」、あるいは「中学英語から自身が無い方」に、Allison’s EnglishではTOEIC0点から始めるTOEIC初心者のためのTOEIC対策講座 、【Play-English Classを行っています。

このクラスでは、ステップを少しずつ踏みながら確実にTOEIC600点を取り、会話も600点レベルの英会話ができるようにする、今までにないレッスンとなっています!

アリスンだからこそ伝えることができる、英語の背景や文化を交えながら、皆さんの英語力をアップさせるレッスンをしています。

Play-English Class体験説明会もあるので、ぜひ一度授業を体験してみてはいかがでしょうか?

 

TOEIC試験 Part 1の変更点

TOEICテストPart 1では写真が用意され、その写真について書かれた4つのセンテンスが問題として出題れます。

テスト受講者は、その4つのセンテンスの中で写真の説明を正しくしてくれているものを、1つ選ぶという問題です。

では、2016年4月までの旧形式問題と5月から新形式問題の変更点を見ていきましょう。

変更点は次の2点があります。

 

問題数が変わった

実はPart1の問題はおまけ問題とよく言われていて、旧形式の試験だと10問ありました。

しかし新形式になった現在ではPart1の問題数は6問に減ってしまいました。

唯一文字以外を見ることができる問題だったので減ったのは少し残念ですが、変えられたからにはそれに対応しなければいけませんね(汗)

 

写真に人が写っていても人に焦点が当てられなくなった

そうなんです!

Part1は比較的リラックスして聞いた方が解ける問題もあったのですが、かなり集中力の必要とする問題になりました。

「人に焦点が当てられなくなった」とはどういう意味なのか?

 

例えばこちらの人物の絵を見てみてください。

TOEIC Part 1の問題例

以前であればこの人が何をしているのかについてを問題として出していました。

なので、「She is …」が4問続くか、変わっても「The woman is …」と言う出題方法でした。

しかし、現在はこんな絵が出たとしても主語が

「The whiteboard…」

「The pen…」

「The room…」

のように毎回変わることが多くなりました。

今までは、人が出たら基本的にその人がしている動作に注目すれば正解できた問題があったのですが、今はそういきません。

写真のいろんなところを見なければいけませんし、その分、覚える英単語の範囲も少し増えました。

というわけで、Part 1だからといって油断できなくなったのです!

最初から集中力MAXでTOEIC試験に挑んでいきましょう!

「TOEICができるようになったら会話も聞き取れるようになる!」

そう信じて自分に対して負荷をかけて、がんばりましょう!

 

TOEIC試験Part 2の変更点

Part 2の問題は会話のワンシーンが出題されます。

例えば「トイレはどこですか?」「それは左手にあります。」のようなものです。

この「トイレはどこですか?」という問題文に回答が3つ出るので、その質問に対して最も答えとして成立するものを選ぶという問題です。

Part 2での変更点は大きくわけて3つあります。

問題数が変わった

Part2は以前の形式では30問ありましたが、こちらもPart 1と同じく新形式では減少して25問になりました。

Part2は集中力の関係上苦手な人が多かったので、問題数が減ってホッとしている人も少なくないのではないでしょうか?

 

疑問系ではない問題が出始めた

「いつ?」や「どこで?」などはわかりやすい疑問系の質問ですが、最近は疑問系ではない問題が出るようになりました。

「今度のプロジェクトのリーダーはジョンがやるみたいだね。」と一人が言ったとして、何を返すかは人それぞれだと思います。

こういった問題についてはものすごく集中力が必要です。答えの三択を聞いている間に、そもそもの問題として読まれた会話を忘れていきます(笑)

「とりあえず頑張れ!」としか言いようがない問題です(笑)

この手の問題は25問中2〜3問ほどしか出ないのでそこで体力を奪われるなら、この手の問題がでたら適当に答えて飛ばすというのもTOEIC初心者が行うTOEIC対策の一つとしてオススメです。

 

Could you〜?やWould you〜?の答えが素直じゃない

以前はCould you〜?やWould you〜?の問題に対して「Sure〜」と同意する答えと、「Sorry〜」と示す答えを言っていました。

これらの問題は基本的に以前の形式だとSureやSorryが聞こえてきた瞬間に内容が理解できていなくてもそれを選択すれば正解を選べたのですが、新形式ではこれらキーワードである「Sorry」や「Sure」を言わなくなった問題が増えました。

そのためしっかりと何をして欲しいのか内容を聞いて正しい正解を見つけ出さなければいけません。なので、より複雑になりました。

 

まとめ

今回はPart1とPart2についてお話しさせていただきました。

まだまだPart 3〜7まで残っていますが、このような形で、TOEIC側も英語の試験としてどんどんレベルアップしているので、より現在の英語力が試されるようになっています。

TOEIC試験を受験される方も負けずに目標の英語力を手に入れていきましょう!!

 

と言われても・・・と思う方も多いと思います。

「TOEIC試験」と聞くだけで、「嫌だな」とか「無理」とか「できない」という感情や言葉がでてきていませんか?

私(アリスン)は、これを「TOEICブルー」と呼んでいます。

いくら会社で必要だからといって点数だけ取得しても、このような英語の試験に意味はありません。楽しく勉強してしっかりと英語を身につけて、会話も十分できることが重要なのです。

いまあなたがTOEIC0点なら、いつでもPlay-English Classでスタートできます!

わたしたちと一緒にチャンスを掴みにいきましょう!

Let’s enjoy TOEIC together!!

Allison

TOEIC初心者のためのAllison’s English体験セミナー開催中!

初心者のためのTOEIC対策クラス『Play-English Class STEP1』

Allison’s Englishでは、TOEIC初心者に必要な英語の基礎力や、海外の考え方をゲームなどを交えて楽しく学ぶ、TOEIC初心者のための授業の体験セミナーを開催しています!

Allison’s English 公式LINE@もやっています!

Allison’s English 公式LINE@では英語に関するクイズやゲーム、発音音声動画、お得情報などお送りしていますので、下記のQRコード、もしくは登録リンクからぜひぜひご登録ください☆

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
英語の壁を越えることで、
あなたの世界をもっと広げたい!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

そんな想いを込めて
配信していきます♪

【Allison’s English】
公式LINE@ご登録はこちらから

Allison's English LINE@

 

移動中でも簡単に学べるAllison's Englishの無料LINE@

Allison's EnglishのLINE@では、英語初心者、TOEIC初心者の方に向けた、ワンポイントレッスンや英語のゲームなどを無料で配信中☆
ちょっとした隙間時間や移動時間、休憩時間などにできちゃいます!

ぜひぜひ一度、ご登録してみてください!ご登録は無料です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です