TOEIC初心者・初受験者のためのTOEIC試験の概要!TOEICってなに?

みなさんTOEIC試験って知っていますか?
近年企業に就職するにあたってTOEIC点数が何点以上必要という企業も多くなってきました。

しかし、まだまだTOEIC試験を受けたことのない方も大勢いらっしゃることと思います。

そこで、Allison’s Englishのこの記事ではTOEICってよく聞くけどどんな試験なの?
という疑問を持たれている方のためにTOEIC試験のことを解説していきたいと思います!

TOEIC試験について

TOEIC試験について

 

TOEICとは、一言で言うと英語がどれくらいできるのかを測ってくれる試験のことです。

TOEICには、主に「Listening & Reading」と「Speaking & Writing」の2種類の試験があります。一般的には「Listening & Reading」での試験結果が、企業や学校での英語能力の判断基準となっています。

どのような点数が基準となっているかというと、TOEIC点数600点が2017年6月現在の社会人平均点数となっているようです。
参照元リンク先:TOEIC公式サイト
http://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/pdf/DAA.pdf

少し前までは社会人平均点数が400点台後半と言われていましたが、いつの間にかだいぶ社会人平均も上がってきたようです。
600点というと、TOEICの公式サイトでは有名な企業への就職などに最低限必要な点数が600点と紹介しています。ネット通販などで知られている有名な大手企業ではTOEIC800点台 ないと内定取消しということもあるようです。

ちなみに会社などで証明書として提出を求められるのは「Listening & Reading」が主流となっています。「Speaking & Writing」の方は最近できた試験なのでまだまだ企業や社会としても判断材料にできるという確信を持てないでいるようです。

試験自体はListeningパート100問とReadingパート100問の計200問で構成されていて、マークシートで回答する形式となっています。点数は990点が満点です。
なぜ990点という中途半端な点数になっているかというと、その時の受講者数や問題の正答率などで1問あたりの点数が変動するようにできているからと思われます。正式にどういう採点基準を取っているかというのは公式サイトにも記載されていないので憶測となります。

 

「TOEIC Listening & Reading」には更に2種類の試験がある!?

TOEIC対策

 就職や転職などの場で必要とされるTOEICの「Listening & Reading」テストには、実はさらに2種類の受験方法があります。

 

まず一つは、TOEIC公式サイトから応募することができる公式テストです。

公式テストは毎年2月と8月を除く各月に一回、日曜日13時から2時間おこなわれています。

試験場所などは主に大学や貸し会議室などを借りておこなわれており、申し込み後しばらくしてからハガキで試験案内が自宅に届きます。東京国際フォーラムのような大きな会場でおこなわれることもあるようです。

 

もう一つの受験方法が「IPテスト」と呼ばれるものとなります。

こちらは企業や大学、英語学校などがTOEICを運営しているIiBCと契約を結んで自社内で開催することができるTOEIC試験となっています。

公式テストとの違いは、試験会場などを契約を結んだ企業側が設定することができるので普段から慣れた場所で試験ができ、開催時間も企業側で設定することができます。また、受験費用も公式テストに比べると1,000円ほど安くなっています。

しかし、IPテストを受験するにはその企業や大学、英語学校に所属していることが条件となっております。

公式、IPどちらの試験を受験しても社会的な証明書として差分なく有効に利用することができます。

 

TOEIC点数には有効期限がある!?

一度とれば資格が永久に保証される英検などとは違い、TOEIC点数には有効期限が定められています。

その期間は取得から2年間とされていて、その有効期限を過ぎた証明書は企業などに提出しても何も意味のないものとされてしまいます。

 

そのため、取得してから2年以内に新たに受験する必要がありますが、定期的に試験を受ける必要があることによって英語力が下がってしまわないように工夫されています。

 

まとめ

以上、簡単にですがTOEIC試験の概要について書いてみました。

 

近年TOEIC試験の問題形式も新しくなり、より実践的な英語力が試されるような試験となってきています。

そのため、今までのようなTOEICの問題の傾向から試験対策をして高い点数をとるということが難しくなりました。

しかし、英語の基礎・基盤からきちんと身につけて対策を行うことによって、点数を取得してから勉強の間が空いたとしても落ちることのない英語力を身につけることが可能な試験となっています。

英語での仕事や今後の東京オリンピックでのボランティアなどを視野に入れている方はぜひこの機会にTOEIC受験をして自分の英語力を試してみてはいかがでしょうか?

 

TOEIC0点から始めるTOEIC初心者のためのPlay-English Class開催中!

TOEIC初心者のためのTOEIC対策クラス『Play-English Class STEP1』

Allison’s EnglishのTOEIC対策クラスでは海外で生まれ育った代表講師のAllison(アリスン)が自身の経験を踏まえたうえで、日本人にとって必要な英語の基礎力や海外の考え方をゲームなどを交えて楽しく学ぶ、TOEIC初心者のための授業 を行っています。

現在、Allison’s English PlayEng Class体験説明会も開催しています!

体験説明会参加者はさらに受講料がお得になる割引が受けられますので、ご興味のある方は当ホームページのPlay-English Classをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です