TOEIC対策に役立つ日本人が知らない英語の単語や文法のおすすめ勉強法

TOEICでインプットしたことをアウトプットしよう!

言語を学ぶとき、つまりTOEICの試験(リスニング&リーデイング、l&r)や英会話など、何においても重要なことはみんな一緒です。

そんな単語を覚えるためのコツをこれをご覧になられているあなたにご紹介します!

 

言語の原点

言語の始まりは絵だった

あなたは語学を学ぶ時、どのように文法を勉強していますか?

中学生用の英語の参考書などを買って、過去に習ったことを思い出したりしていますか?

それとも文法について事細かく解説している参考書などを買って、「これは自動詞でこれは他動詞で…」とよく日本人がやってしまう理論攻めの勉強をしていますか??

 

実はTOEICや英検などの英語の試験受験する時も英会話をする時も、文法の原点はどの言語も一緒です。

あなたは漢字を学んだりするとき、どうやって勉強していましたか?

小学1年生のことを思い出してみてください。単語や文章の基本はここにつまっているのです。

小学校に入って漢字を勉強するとき、何もせずに漢字が書けたり読めたりしていたわけではないですよね。
人によってはちょっとでも早く勉強を進めるために学校以外でも、お家や塾などで毎日勉強していたはずです。

それなのに英語の勉強になると急に「すぐにできて当たり前」という考え方になる傾向があります。

単語をがむしゃらに覚えたり、英会話では普段日本語でもしないような会話をしようと一段と力が入ってしまいます。

しかし、英語も日本人が日本語を覚えるときと同様に、そもそもの英語の仕組みを知らないと覚えるのに労力がすごくかかります。

オーストラリアでの授業風景

私、Allison(アリスン)は、アメリカで生まれオーストラリアやニュージーランドの現地の学校に通い、帰国時はインターナショナルスクール(日本にあるアメリカの学校)に通っていたので日本の英語教育を受けて来ないで育ちました。

そして、大人になって初めて日本の英語教育を目の当たりにして、現地の学校で学ぶ「国語」の内容と、日本人が「英語」の時間に学ぶ内容に大きな違いがあることに気がつきました。

日本の英語の時間の英語の覚え方は

Apple → りんご
(英語   → 日本語)

と置き換えているのです。

英単語を日本語に単純に置き換えてしまうと、英語にある感覚を身につけることが難しくなります。

もちろん、名詞などのものには基本的に呼び方が1つしかないので上記の「りんご」は”Apple”と覚えたほうが早いと思います。

しかし、この覚え方は特に「動詞」に対してあまりして欲しくない覚え方です。

例えば

make → 作る

のような覚え方は止めたほうがいいでしょう。

ではどのように覚えるのがいいかを二つのコツとしてお伝えします。

 

コツ1 イメージすること

その2つのコツがこちら!

1、イメージすること

2、単語をバラバラにする

この二つができればTOEIC試験のリーディングの内容である、Part5とPart 6そしてPart 7に出てくる単語がわからなくてもなんとなくイメージができて、答えも見つけ出すことができるようになります。

まずは1つ目のイメージすることを詳しくご紹介します!

イメージすることってどの言語にも共通する、言語習得のためのヒントが隠されていると私は考えます。

 

日本語のイメージ

小学生のころ、漢字を覚えるときに分かりやすくイメージさせてくれるものに、漢字の元となった絵が紹介されませんでしたか?

日本語を学ぶときに重要な漢字の成り立ち

こんな感じです。

実際に外国人向けに漢字をイメージで教えてくれるこんなサイトもありました。

漢字を勉強するときも外国人にとってはこのような絵でイメージしながら勉強をします。イメージすることはとても重要なことなのです。

あうとばーん海外の反応

 

英語のイメージ

英語の単語にも一つ一つイメージがあります。その単語は日本語の単語とは意味も使い方も違うときがあります。

例えば”call”という単語

・電話する

・◯◯を△△と呼ぶ

・誰かを大きな声で呼ぶ

などの意味が日本語に置き換えるとあります。

これを一つずつ覚えるのは大変ですし、いざ会話や文章に出てきたときにどの意味を指しているのか分かりづらいですよね。

それでは、帰国子女の私やもしくは現地のネイティブが、”call”という単語を聞くときにどのようなイメージをするのか見てみましょう。

英単語callのイメージ

こんな感じのイメージです。

callのイメージは、遠くの人を呼んでいる感覚です。

自分が言葉を発して相手が反応すればcallが成立します。

重要

【結果的に相手が反応をしてくれれば、それでいいのです。】

 

英語や英会話は結果がなによりも大事なのです。

 

ハッキリ言います!だから!

手段はなんでもいいのです!

 

例えば

“Call me when you arrive.”(到着したらcallして)
と友達に言われたとします。

1、大きな声で呼び出す
でも
2、インターホンで呼び出す
でも
3、電話で呼び出す
でも

なんでもいいのです。

結果的に相手が自分のことに気づいて行動を起こせればいいのです。

もしも、callの手段の指定がある場合は前置詞がその役目を果たしてくれます。前置詞は詳細を与えてくれるものなのです。

・ いつ?
・ どこで?
・ 何を使って?
・ 誰と?

などです。

なので、先ほどの例文がこのようになります。

“Call me by phone when you arrive.”
または
“Call me on the phone when you arrive.”

そうすると、自分がcallしている映像に「電話」という詳細が足され、電話を使ってcallするという結果が生まれるのです。

これが向こうの人たちの感覚です。

なんとなくわかっていただけましたか?

このような日常会話の内容もTOEICの試験に出てきますので、感覚で覚えていくこともオススメです。

 

動詞の感覚についてYouTubeで紹介しているので、ぜひ見てみてくださいね!

 

 

コツ2 単語をバラバラにする

 

単語をバラバラにして見てみる

次にコツ2 ”単語をバラバラに見る”の紹介です!

ちなみに”long words”とGoogle検索(日本と英語の検索エンジンだと表示される結果に違いがありますのでご了承ください)してみました。

すると、こんな単語が出てきました。

Antidisestablishmentarianism

な、なんじゃこりゃ!?

これで一つの単語なのです!!!

TOEICに出てくることはないとは思いますが・・・こんな単語がTOEICテストに出てきたらどうしますか?笑

もしTOEIC試験にこの英単語が出てきたら、読むことすら諦めてしまいそうですね(笑)

私も日本の漢字を読むときに簡単なものでも読めないときがあります。漢字の読み方がわからないときに、日本人の友達に言われることって何だと思いますか?

・漢字をイメージしたらいいんじゃない?

・分けて見ればいいんだよ!

私が伝えてる英語を覚えるコツと一緒ですね(笑)

 

漢字をバラバラに見る

例えば

「理解」

という単語が読めなかったりわからなかったりしても、一つ一つ分解して見ていくと分かることありますよね?

「理」は、「理論」とか「理屈」や「理科」の理だからなにか知識に関することなのかなと、まずはイメージできます。

「解」は、「解除」とか「読解」とかに使われているので、細かい情報を分かるようになることなのかなとイメージできます。

「理解」とは「情報をわかってそれを知識にすること」なのかな?

となんとなく分かるようになるのではないでしょうか?

 

こうやって単語を分解することによって、少しでもヒントが見つかったら嬉しくなりませんか?

 

英語をバラバラに見る

では英語をバラバラにしてみましょう!

実は英語にもあるのです!

英語をバラバラにしたときに、日本の漢字のようにヒントを与えてくれるのが“Prefix”と”Suffix”なのです。日本語に置き換えると接尾語と接頭語です。

 

先ほどのやたら長い英単語をもう一度みていきましょう!

Antidisestablishmentarianism

これを自分なりに分解してみました!

Anti / dis / establish / ment / ari / an / ism

Antiには日本語にも「アンチ」とあるように「反対すること」のような意味があります。

Disも「ディスる」ってありますよね?これも「嫌う・嫌がる」などの意味がります。

Ismはドラえもんに出てくる「ジャイア二ズム」を思い浮かべてもらえるとイメージがつきますか?(笑)ジャイアン主義という意味です。

 

Establishは建てるという意味があります。これ実はもう少しだけ分解してみると普段よく見る物が現れます。

Es / tabl / ish

tabl

table

そう!テーブルです!

テーブルはしっかりと立っている感じありますよね。

Establishという単語がわからなくても何かを立てる、もしくはしっかりと立っている何かなのかな?とイメージすることができます。

Establishmentでmentをつけると名詞に変わります。「建てる」や「設立する」という動詞から「設立」の名詞になります。

 

推理1

「何かを建てることを止める主義を反対すること」

推理2

「何かを建てることを止めることを反対する主義」

 

はい、では意味をGoogleさんに聞いてみました。

「国教廃止主義反対」つまりは「教会を国から廃止する主義を反対する」ということですね。

名探偵アリスンの推理は合ってますかね?(笑)

なんとなくですが、イメージは近いと思いませんか?

 

英語バラバラのおすすめのコツ

英語を細かく見るためには接尾語と接頭語が重要だったんですね!

“Prefix”や”Suffix”には他にもたくさん種類があります。

これを覚えるだけで、TOEICに難しい単語が出てきたとしてもなんとなくイメージをすることができるようになるのです。

“Prefix”や”Suffix”を理解できるようになれば最強の英語マスターです!

ぜひこれを機会に、いろんな単語を分解して英単語の理解を深めてみてください!

 

チャレンジ!

“unfolding”というTOEICにも出てくる動詞はどういう意味でしょうか?

ぜひ意味の推理ゲームにチャレンジしてみましょう\^o^/

 

どうですか?推理できましたか?英語探偵になれそうですか?

 

まとめ

いかがでしたか?

コツ①イメージすること

コツ②単語をバラバラにすること

これを行って英語を覚えることで、TOEIC試験のリーディング問題のちょっとした時間短縮にもつながったらいいなと思います。

Part 5の問題では”Suffix”だけで判断できる問題もあります!

これに関しては、ある程度文章を読める人であれば、”Suffix”(接尾語)を覚えるだけで解ける問題が増えることでしょう。

これからも一緒に楽しく英語を勉強できたら嬉しいです。

Allison

 

TOEIC0点から始めるPlay-English Class開催中!

初心者のためのTOEIC対策クラス『Play-English Class STEP1』

Allison’s EnglishのTOEIC初心者のためのTOEIC対策クラスでは海外で生まれ育った代表講師のAllison(アリスン)が自身の経験を踏まえたうえで、日本人にとって必要な英語の基礎力や海外の考え方をゲームなどを交えて楽しく学ぶ、TOEIC初心者のための授業を行っています。

現在、Allison’s English PlayEng Class体験説明会も開催しています!

ご興味のある方は当ホームページのPlay-English Classをご覧ください。

Allison’s English 公式LINE@もやっています!

Allison’s English 公式LINE@では英語に関するクイズやゲーム、発音音声動画、お得情報などお送りしていますので、下記のQRコード、もしくは登録リンクからぜひぜひご登録ください☆

会話もできて!
TOEICスコアもぐんぐん伸びる!

My name is…しか
話せない人こそ大歓迎の教室

【Allison’s English】
公式LINE@始めました♪

TOEICのスコアは伸びたけど、
肝心の英語は話せない、、、

英語は話せるけど、
TOEICスコアはイマイチ、、、

そんな悩みをスッキリ解決!
【Allison’s English】

Allison’s Englishの公式LINE@では

英語のワンポイントレッスンや

英語ネイティヴの英語に対する考え方など

簡単にお送りしています!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
英語の壁を越えることで、
あなたの世界をもっと広げたい!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

そんな想いを込めて
配信していきます♪

【Allison’s English】
公式LINE@はこちらから

Allison's English LINE@

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です