TOEIC初心者やTOEIC初受験のためのPlay-English Class開催!

TOEIC初心者ための対策クラス 【Play-English Class】

TOEIC初心者が勉強している

Allison’s EnglsihではTOEIC初心者のためのTOEIC対策クラスを開催しています。

その名もPlay-English Classです!

TOEICを0点から始めるTOEIC初心者のためのTOEIC受験前に受講するためのレッスンになっています。

主に3ステップに分けられており、しっかりとステップを踏むことで、「帰国子女レベル」である「600点」を目指します。

TOEIC初心者とは

TOEIC初心者マーク

「初心者」という名の通り、TOEIC初受験される方のことです。

・初TOEIC試験

・初めてTOEIC対策スクール受講

・TOEIC申し込みを迷ってる

・TOEICの点数の目安がわからない

・TOEICの勉強法はなんなのか

・TOEICを受験したけど0〜300点だった

・TOEICのことがよくわからない

・ビジネス英語がわからない

・英語の基礎ができていない

などなどTOEICや英語について不安をお持ちの方やTOIECの試験自体に謎めいたイメージを抱いている方のことです。

Play-English ClassクラスではそんなTOEIC初心者の方が集まるTOEIC対策スクールです。TOEICや英語に対してわからないと言う方々が集まるので、初心者の方でも安心してして参加していただけます。

あまり口にしないだけで、あなたの周りにも「TOEIC初心者」は実はたくさんいるんです。

TOEIC初心者向けPlay-English ClassのSTEPとは

Allison’s EnglishのPlay-English Classは3つのSTEPに分けられています。

・STEP 1
まずは、「TOEICを受験する」という大きなステップを踏み出すことからスタートです。

・STEP 2
次に、社会人平均(公式&IP)の450点を目指します。

・STEP 3
最後は、帰国子女レベルの600点をサポートします。

詳しく内容をお伝えしています。

STEP 1 詳細

Play-English Class Step1授業風景

STEP 1は、2017年8月に初めて開催されました。

メインの目標としては
「TOEICを受験する勇気を出すこと」
です。

英語の基礎である「動詞」についてお伝えしています。
動詞がわかるだけで、答えられるTOEICの問題がいくつかあります。

TOEICの問題は合計200問あり、合計990点になります。ほとんどが4択の問題になっています。
なので、確率論でいくとA, B, C, Dとあった場合、全てAだけを塗ったとしても200点を取得できるのです。

まずは自力で200点分をしっかり解いてこの確率論も活かすことで、
「300点」を確実に取得することがPre-TOEIC STEP 1でのTOEIC点数の目標になっています。

ここで「帰国子女」の点数である600点の半分を取得できるのです。

世間的には「300点」というのは低い点数かもしれません。

が!!!
この「300点」の中に英語の基礎的な部分が多く含まれているのです。

この基礎英語がしっかりとできていない人がTOEICの対策ばかりを行うと、「TOEICの点数は持っているけど、英語はしゃべれない」という人になってしまいます。

Allison’s EnglishではTOEICの点数と英会話力を平行して養います。だからこそ、「しゃべれるTOEIC」につながる勉強法となるのです。

STEP 1をしっかり身につけて初めて次の英語のステップにつながっていくのです。

 

そして、楽しさがTOEICの勉強をサポートします!

Allison's English Step Up Class STEP1

しっかりと勉強して身につけるためには、楽しくTOEICが勉強できるかが重要なのです。

そのためにもゲームをたくさん行い、体を使ってTOEICを身につけます。

 

STEP 2 詳細

現在モニター段階です。

「会話につながるTOEICにすること」

「動詞」の次にTOEICで重要なのは「形容詞」と「副詞」です。

形容詞や副詞は英語でどのような役割を果たすのかなどをしっかりと理解しなければ文章の組み立てや読んだときの読解力がつきません。
英会話にも深みを出すのがこの形容詞と副詞の役目です。

STEP 2で目指す点数は450点です。
TOEICでいうと400点代は4、5年前のサラリーマンの平均点でした。しかし現在のTOEIC社会人平均点数は600点台に突入してきています。それぐらい全国的にも英語がレベルアップしてきているのです。

Allison’s Englishでは常に英会話のレベルとTOEICの点数が同じレベルであることに重点を置いています。

生徒のスピーチ

TOEICの450点は英検に例えると3級〜準2級レベルです。
英会話も3級や準2級レベルに持っていくためには面接で受かるレベルの英語力が必要です。

STEP2ではSTEP 1で学んだ基礎もしっかりと復習しながら楽しく会話まで一気に駆け上がります。

前置詞はSTEP 3でやっていきますが、STEP 2でも前置詞の導入部分で次のステップにしっかりとつながりやすいように楽しく勉強していきます。

 

STEP 3 詳細(予定)

まだ開催されていないので、将来のSTEP 3の内容を参照として記載します。

「英文法を理解すること」

を念頭に「前置詞」を中心に勉強していきます。
TOEICの勉強も終盤です。

Allisonが前で教える

ここでは基礎のTOEICと基礎の会話ができている状態です。
さらに英文法を勉強することでTOEICの点数も上がり、そして英会話力も向上します。

STEP 3でのTOEIC目標点数はいよいよ600点です。

600点は大学などで「帰国子女枠」として使われているほどの点数です。
つまりは「帰国子女」のように英語での日常会話ができ、基礎的な英語力が身についているということになります。

STEP 2同様、しっかりとそれぞれのステップを踏むからこそできる内容です。

 

さらなる自分自身のステップアップへ

学生が受験に励んでいる

「TOEIC600点以上の点数を取るためにはどうしたらいいのか」
という声が聞こえてきそうですね。

実は700点以上を目指す場合のTOEICの勉強法が変わります。

TOEIC600点というのは「帰国子女」レベルです。
帰国子女とはなんなのかというと、海外の生活をしていた人です。つまりは日常会話が中心なのです。

何が言いたいかというと、TOEIC700点以降はいよいよビジネス英語の部分に入っていくのです。

ちなみに、基本的には「ビジネス英語」という分野の英語は存在しません。

なぜかというと英語では言葉の言い換えしますが、その言い換えの単語を難しくしているだけなのです。
簡単な例で言うとcar → automobile → vehicleのように

単語力が問われます。

そして試験慣れする必要が出てきます。
TOEICの問題にどれだけ慣れるかも勝負所です。

しっかりと目標意識を持ち、TOEIC試験に望むことが重要です。

まとめ

いかがでしたか?
TOEICと英語、そして英会話のつながりや、Play-English Class授業についてご理解いただけましたか?

8月から開講しましたPlay-English Class Step1は、東京と大阪で開催しています!
参加された受講生からとても好評をいただき、大盛況でモニタークラスを終えました!

「遊んで楽しくTOEIC!」
をコンセプトに英語を勉強するのでしっかりと身につけることができ、しっかりと点数が出てくるのです。

現在、Play-English Class STEP 1では11月、12月開催の東京クラスの参加者を募集しています!
12月にはSTEP 2のモニター参加者も募集しています。

詳しくはPlay-English Classをチェック!

大阪クラスでの授業風景です。

ブログの更新をメールで受け取りたい方は

こちら↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です