TOEICでイギリス英語やアメリカ英語が聞ける!?

日本語には標準語、関西弁、東北弁、沖縄弁…など地方によってさまざまな訛りがあります。

それとおなじように実は英語にも地方によっていろいろな訛りがあります。今回はそれら英語の訛りがTOEIC試験でも聞けるというお話です。

 

TOEICリスニングテストで聞ける英語の訛り

TOEICで聞ける英語の発音の訛り

冒頭でお話ししたように、実は英語にも日本語とおなじように言語の訛りがあります。

よく知られているところではアメリカ英語とイギリス英語の違いがそうですね。
そして、そのアメリカ英語とイギリス英語の発音の違いは実はTOEICテストでも聞けることができます。

TOEICテストのリスニングパートでは実は、複数の国の人が問題を吹き込んでいるのです。

具体的にいうと、アメリカ人、イギリス人、カナダ人、オーストラリア人の4カ国。

なので、じつはTOEIC試験とはただ単純に英語が聞き取れるかだけでなく、それぞれの国の英語の訛りを聞きながら正しい正解を選択することができるかというのも試されている試験なのです。

Allison’s English生徒のなかには、アメリカ英語は聞き取れるのにイギリス人がしゃべった問題だけ間違えてしまうという生徒や、その逆にイギリス英語は得意だけどアメリカ英語が聞き取りにくいという方もいます。

ちなみに私、Allison(アリスン)はニュージーランドやオーストラリアで育ったので、普段はオーストラリア英語が一番聞き取りやすく感じます。

 

各国出身者の英語の発音の特徴は?

各英語の発音の違いは?

TOEICにはアメリカ英語、イギリス英語、カナダ英語、オーストラリア英語が吹き込まれていることは分かりましたが、では、各国の英語の発音にはどのような違いがあるのでしょうか?

TOEICで使われているアメリカ英語、イギリス英語、カナダ英語、オーストラリア英語、それぞれの英語の特徴を以下に解説してみました。

・アメリカ英語:“r”の音をとても強調して発音するのが特徴の一つで特にColor, Car, Underなど語尾にくる”r”の音がとても強い。
他にも”t”の音をあまりはっきり出さないため、Waterなど間に”t”が来るとワラァーのように聞こえてくる。日本ではよく「ワラーって言えば大丈夫」と言われているようですが、それでは通じませんとここではっきり言っておきます。

アメリカ人は喉を大きく開き、強い肺活量で発音する特徴があるのでGodなどの”o”の音が”a”の音に近くなります。なのでたまに日本のカタカナ英語で「オーマイガッ!」と書かれている本を見ると、「あ、これはアメリカ英語だな」と思うことがあります(笑)

他にも特徴があり南部出身なのかなど、アメリカのどこの地域出身なのかでまた違いがあります。

・イギリス英語:イギリス英語ではアメリカ英語で説明した”r”の強調や”t”をはっきり発音しないということが全く逆になります。なので、Carという言葉も日本語で表すと「カー」という感じで、カラスが鳴いているような発音とたまに揶揄されているのを見かけます。

先ほど説明したWaterというような単語もはっきりと「ウォータ」とはっきり”t”の音を発音します。

イギリス英語では基本的に発音するときも鼻にかかったような息の出し方をするので、すごく上品に聞こえて来ます。また、アメリカ英語では喉をしっかりと開いて発音しますがイギリスは基本的に寒い国ですし、英語自体その寒い国で生まれた言葉なのであまり口を大きく開けて話したりしません。なので日本語にはない音が生まれたのだと思われます。

イギリス英語もアメリカとおなじようにイギリスのどこの地域出身なのかでまた発音や癖が変わってきます。ウェールズ地方の訛りは特にすごく強いというのを聞いたこともあります。

ちなみにイギリス英語とアメリカ英語では、同じ発音の単語でも綴りが違うというようなこともありますので注意が必要です。

 

・カナダ英語:カナダ英語はカナダという国が英連邦に属しているため、基本的にはイギリス英語と似たような発音です。しかし、aboutという単語の発音が「アバウト」ではなく「アボウト」のように発音されたりと微妙に違いがあります。

・オーストラリア英語:オーストラリアもカナダと同じく英連邦構成国なので発音やスペルの綴りはイギリス英語と基本的に同じになります。しかし、TodayやMateなど”a”の音がカタカナでいうと「アイ」となる単語が複数存在します。ただし、全ての”a”がそのように変化するわけではありません。

ちなみにオーストラリア英語はスコットランド英語に似ています。

余談ですがウェールズ英語とニュージーランド英語も似ていると言われています。

以上、簡単にですがアメリカ英語、イギリス英語、カナダ英語、オーストラリア英語の発音の違いを説明しました。

TOEICの勉強をするだけで英語の訛りにも強くなる!

TOEICの勉強をするだけで英語の訛りに強くなる!

ここまで書いてきたようにTOEICでは4カ国の英語の発音を聞くことができるので、市販の公式問題集に付属しているCDをスマートフォンやPCに取り込んでいつでも聞けるようにしておきましょう。

そうすることで移動中や休憩などの休み時間にリスニング音声を聞いて耳を鍛えることができます。

更に、公式問題集の解説本にはこの問題ではどの国の人が発音しているということが書いてあるので、目を通しておけばアメリカ英語、イギリス英語、カナダ英語、オーストラリア英語の発音を意識しながら聞くこともできます。

TOEIC初心者の方も、ぜひぜひTOEICテストの勉強を通じて世界の英語の訛りを勉強してみてください!

そうすればどこの国に行くことになろうとも発音の違いに困ることが少なくなるかもしれませんね。

 

まとめ

TOEICテストではアメリカ英語、イギリス英語、カナダ英語、オーストラリア英語の発音の違いを聞くことができますが、世界にはもっと多くの英語の訛りがあります。

例えばシンガポールの英語は「シングリッシュ」と言われるほど、元の英語から変化した言語となっていたりしますし、有名な映画【Star Wars】シリーズの【Rogue One:A Star Wars Story】の主演俳優の一人、ディエゴ・ルナはメキシコ出身なので同作では強烈なメキシコ訛りの英語を聞くことができます。

このように「英語」といっても日本語とおなじようにさまざまな発音の訛りがあります。

自分が将来行きたい国や仕事をしたい国、取引する国を意識しながら英語の勉強に取り組むと良いでしょう。

 

TOEIC0点から始めるTOEIC初心者のためのPlay-English Class開催中!

TOEIC初心者のためのTOEIC対策クラス『Play-English Class STEP1』

Allison’s EnglishのTOEIC対策クラスでは海外で生まれ育った代表講師のAllison(アリスン)が自身の経験を踏まえたうえで、日本人にとって必要な英語の基礎力や海外の考え方をゲームなどを交えて楽しく学ぶ、TOEIC初心者のための授業 を行っています。

現在、Allison’s English PlayEng Class体験説明会も開催しています!

体験説明会参加者はさらに受講料がお得になる割引が受けられますので、ご興味のある方は当ホームページのPlay-English Classをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です