Phrasal verbを使ってみよう! #5 Fill in

Fill inとは

Hello there!

Allison’s EnglishスタッフのDavidです。

みなさんPhrasal verb(句動詞)って使っていますか?

僕のブログではネイティブがよく使うPhrasal verbをご紹介しています。

僕自身、特によく知らずに使っていたフレーズが実はPhrasal Verbだったということに気づいたのはここ1年くらいのことです。

特に今回のフレーズは僕が6年前に英語を学び始める前から使ってたフレーズ「Fill in」です。

今日はそのFill inを使って文章をいくつか作っていきます!

Fill inとは?

今回のFill inの意味は「記入する」または「代わりになる」というような意味のフレーズです。

TOEICでもよく出てくるPhrasal verbの一つですね。

「Can you fill in this questionnaire?」

訳「このアンケートに記入してくれる?」というような感じで使われます。

このFill inという言葉。個人的には昔、バンドでドラムを演奏していた時のことを思い出します(笑)

ドラムではAメロからBメロに移る時やサビに入る際など曲の展開が変わるときに、ベースパターンと違うちょっと小洒落たフレーズを叩くのですが、これを「フィルイン」と言います。

昔から特に疑問もなくフィルインという言葉を使っていましたが、英語の勉強をした時に初めて「あ、埋めるって意味でフィルインなんだ」と思ったものです(笑)

ローラとアリスンによるFill in解説動画

さて、ここでまずはAllison’s Englishのアメリカ出身の先生、ローラ(Laura)によるFill in解説動画を見てみましょう。

 

動画内でローラが言っているように実はFill inは別にinではなくoutでも同じ意味を持つ言葉になります。

つまり

Fill in = Fill out

ということです。

意味は冒頭でも記したように

「”fill in” means to complete a form.」

つまりは

「Fill inの意味は”記入欄を埋めること”」

です。

ローラが紹介した例文は二つです。

まずは

“Can you fill in these forms, please?”

訳:こちらの記入フォームに記入してもらってもいいですか?

です。

そしてもう一つの例文が

“Can you fill in for me tomorrow night?”

訳:明日、私の代わりに仕事に出てもらってもいい?

という例文です。

Fill inは二つ目の例文のように”誰かの代わりを満たすこと”という意味でも使用することができます。

結構使える便利な言葉ですね!

 

Fill in で英文作成!

英文を書いてみよう

ということで、僕もFill inを使っていくつか文章を作ってみたいと思います。

文章を作成したりシチュエーションを思い浮かべて使ってみることで、結構覚えられます!

 

例文1:Would you fill in this survey, please?

訳:「このアンケートに記入していただいてもいいですか?」

まずはTOEICなどでもよく出てくるこのフレーズ。

こんな感じのフレーズは実際に海外旅行先などでも目にしたり耳にすることが多いかもしれませんね。

 

例文2:You need fill in these forms if you’ll participate the clinical trial.

訳:「もし治験に参加する場合はこれらのフォームに記入する必要があります。」

治験に参加するということはあまりないとは思いますが、「フォームに記入する必要があるよ」というようなフレーズは聞くことも多いと思うので作ってみました。

 

例文3:Can’t you fill in Josh’s shift tomorrow? apparently he got a cold.

訳:「明日のジョシュのシフトを代わりに出れないかな?どうやら風邪引いたみたいなんだ」

Fill inのもう一つの意味である「代わりを満たす」という意味での文章を作ってみました。

誰かのシフトの代わりを務めることってよくありますよね。もし誰かアルバイトや部下が風邪を引いて出社できなくなった時に他の人に頼む際に使ってみましょう。

 

まとめ

今回のFill inは割とシンプルに使える言葉でした。

ローラも言っていたようにFill outでも「記入する、満たす」という意味になるので好きな方を使ってみてください。

英語では同じ言葉を複数回使うことはあまり好まれないので、先にFill inって言葉を使ったら次はFill outって言ってみるとかそんな感じで使ってみてもいいですね。

次回のPhrasal verbはSlow downを使って英文を作成してみたいと思いますのでお楽しみに!

See you!

David

英会話カウンセリング

Allison's Englishでは、英語・英会話の勉強や触れ方にお悩みの方のために代表講師、アリスン(Allison)によるカウンセリングを行なっています。

時間は約1時間程度を見込んで行います。

「TOEICの点数が会社で必要なんだけど勉強の仕方がわからない」

「海外留学、もしくは海外移住のためにIELTSのポイントが必要だけど試験対策をどうすればいいの?」

「英語を話せるようになって海外旅行をもっと楽しめるようになりたいけど、どうすれば上達するの?」

「日本で英語を話す環境がなくて困ってる!一体どうすれば…?」

など、英語に関するお悩みをお抱えの方のお悩みをきき、アリスンなりのアドバイスやご提案、オススメの学び方などをさせていただきます。

LINE、Skype、Zoomなどのビデオ通話でもカウンセリング可能です。お気軽にお申し出ください。

ぜひ、英語でお悩みの方はカウンセリングにお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です