英会話やTOEICを着実に身につける人が必ずやっている秘訣

英会話学習の分かれ道

ある二人の日本人、AさんとBさんが、大人になってから語学学校に通い、英語を習い始めました。

この二人はともに、これまでの人生で英語に関してほとんど触れたことがなく、学校の教育で英語を習っただけの英語初心者たちでした。

英語の文法の知識や英単語力は、ほぼ同レベルの初心者二人。

同時期に語学学校で英語を習い始めた二人のうち一人、Aさんは、その後、なんとか英語で簡単な挨拶と質問できるくらいに成長。

そしてもう一人のBさんは、海外で英語を使って仕事をし、スモールトークを楽しみ、ネイティブ並みの発音と会話力を手に入れるまでに至りました。

この二人の違いはなぜ生まれたのでしょうか?

前回の記事:

TOEICに関しての記事はこちら:

英語を習う二人を分けた違い。Aさんの場合

英会話学習者Aさんの場合

同時期に語学学校で英語を習い始めた二人の英語初心者、AさんとBさん。

英語学習を始めた当初は同レベルの英語力だった二人のその後を分けた要素。

まずは、英語を学び始めたAさんを見ていきましょう。

近年、ビジネスでのグローバル化がより進んでいく中、海外との競争も意識した会社では英語習得が推奨されるようになり、英語学校に通うことを決断したAさん。

インターネットや周りの評判なども聞き、少し料金は高いけど少人数レッスンで、英語圏出身のネイティブ講師が教えてくれる英語学校に入校。

初めて英語を本格的に勉強することに対する不安と、これからの期待が入り混じった気持ちで英語学習をスタートさせました。

入校してからは講師のいうことを聞き、とりあえずつまづきながらも実践して行き、始めのうちは、しっかりと通うことができていたAさん。

最初は簡単な挨拶から教わり、週一回のレッスンの間には、課題などの宿題が出され、基本文法などを学び直していきました。

発音などもネイティブから注意を受けてコツや方法を教わります。

しかし、ひと月、ふた月と時間が経つにつれて、Aさんは段々と最初のやる気が失せていきました。

レッスン受講のマンネリ化と、仕事がいそがしくなり、出された課題もできないままレッスン日を向かえ、ただ通っているだけで一向にうまくならない状況に腹が立ち、「なんでこんな言い回しをしなきゃいけないの?」と、レッスン自体に疑問を感じるようになりました。

そして次第に、Aさんは英語学校からフェードアウト。

結果として、Aさんは簡単な挨拶と、海外のお店などでちょっと注文をできるくらいには英語が上達しましたが、相手の言っていることを理解したり、会話をしたりできるようにはなりませんでした。

英語学習がうまくいかず初心者のままのAさんのイメージ写真

英語を習う二人を分けた違い。Bさんの場合

 

英会話学習成功者Bさんの場合

ビジネス面でのグローバル化によって、英語が必要になってきた環境はAさんと同じだったBさん。

Aさんと同じようにBさんも英語を学ぶ必要性を感じ、自身で英語学校をリサーチした結果、Aさんと同じように、少人数レッスンでネイティブ講師が教えてくれる英語学校に通うことに決めました。

その際、Bさんは英会話を習うにあたり、ある目標を立てました。

それは「将来、必ず海外部署にいく!」という目標です。

海外部署に行く条件は、英会話レベルも、TOEIC点数でも高いハードルがありましたが、それでもBさんは「どうせ英語を学ぶのだから」と、自分自身に明確な目標を掲げたのです。

Bさんは英語を学んでいくにつれて、これからの自分が「どんな風に英語を使っているだろう?」と、とてもワクワクしながら、想像を膨らませていきました。

  • 海外部署にいき、現地の人と自分の言葉で英会話をし、商談をまとめている自分
  • 英語が話せる友人のように、海外の人とちょっとした話題を笑顔で笑いあいながら話している自分
  • 海外旅行で現地の人と交流し、自分の力で穴場の観光スポットを教えてもらっている自分

Bさんはそのように、自分が英語を駆使し、英会話を楽しんでいる理想の様子を思い描いて、ワクワクしながら英語学習を行って行きました。

しかし、BさんもAさん同様、自身の仕事がいそがしくなり、今まで英語学習に費やしていた時間が少なくなってきてしまいました。

そこで、Bさんは英語学校の講師にそのことを相談することに。

Bさんの話を聞いた講師は、Bさんに、次のことを伝えました。

  1. 自分が今おこなっていることの優先順位付け
  2. 1日のタイムスケジュールの見直し
  3. それでも厳しければ、1日に10分でも数分でもいいので英語に触れること
  4. どんな状況でも最初に決めた自分の目標、理想の姿を毎日意識して想像すること

などです。

帰宅後、Bさんは自分のなかの優先事項を見直し、それにともない1日のスケジュールも見直しました。

それでも厳しい場合は、講師に言われたように、わずかな時間でもいいので、英語に触れることを続けるようにし、毎晩寝る前には自分の目標と、自分が英会話を使っている姿を想像してから寝るようにしました。

英会話学習成功者Bさんの場合

そのようにしてBさんは、英語を習い始めた当初のワクワク、情熱を忘れないように意識しました。

それにより、英語のレッスンがマンネリに感じるのを防ぎ、辛い時でも苦しい時でも、目標や理想の姿を忘れることなく意識することによって、諦めずにハードルを乗り越えて行く力を手に入れたのです。

そして、その後、Bさんは自分が目標としていた海外勤務に就き、プライベートでも現地の人と楽しく英会話を行うことができるようになりました。

 

AさんとBさんを分けた違い

英会話学習の分かれ道

AさんとBさんを分けた違い、お分かりになりましたか?

それは、「目標」と「行動力」、そして、「英語を楽しんで学ぶことができたか?」という差です。

  • なぜ英語を学ぶのか?という目標
  • 英語を学ぶこと、新しい言葉を覚えていく喜び。
  • 人と会話をし、意見を交えることに対する興奮。
  • 壁にぶつかったさい、苦しみを感じても前に進む行動力と勇気。
  • 今はできない自分を受け入れる力。
  • そして諦めないこと。

これらのことができたかどうかが、英語、英会話を学んでいた二人の結果に大きな違いを生み出しましたのです。

 

ぜひ、これから英語を学ぶ方、

今すでに英語を学んでいる

という方は、上記の点を考えてみてください。

もちろん!

英会話という観点だけでなく、TOEICテストや英検などの英語テストにチャレンジされている方も同様です。

 

まとめ

何かを学ぶ、新しく得るということは、どんなことであれ、苦しみや辛さといったことがつきものです。

人というのは、ストレスがない状況では成長することはできません。

これは生き物全てに言えることです。人も例外ではないのです。

ただ、人には他の生き物にはない特徴があります。

それは「想像することができる力」を持っていることと、「楽しむことができる」ということです。

自分の可能性を信じて、決して歩みを止めないことが、上達への一番明確に示されている道だと私は思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

TOEIC初心者のためのAllison’s English体験セミナー開催中!

初心者のためのTOEIC対策クラス『Play-English Class STEP1』

Allison’s Englishでは、TOEIC初心者に必要な英語の基礎力や、海外の考え方をゲームなどを交えて楽しく学ぶ、TOEIC初心者のための授業の体験セミナーを開催しています!

Allison's English体験セミナー日程/お申し込み

 

Allison’s English 公式LINE@もやっています!

Allison’s English 公式LINE@では英語に関するクイズやゲーム、発音音声動画、お得情報などをその時々のよって、お送りしていますので、下記のQRコード、もしくは登録リンクからぜひぜひご登録ください☆

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
英語の壁を越えることで、
あなたの世界をもっと広げたい!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

そんな想いを込めて
配信していきます♪

【Allison’s English】
公式LINE@ご登録はこちらから

Allison's English LINE@

Allison's English 体験セミナー開催中!!

【英語を文化から学びませんか?】

ネイティブとの英会話を身につけるには、英語を文化的な面から知る必要があります。
文化の理解がないまま勉強をしても、結局英語のニュアンスを捉えることはできません!

Allison's Englishでは海外で生まれ育ったAllison(アリスン)だからこそ伝えられる、英語に潜む文化的な要素を、生徒の皆さまにお伝えしています!

レッスンでは、TOEICを英語学習の一つの目標にして、英会話とTOEICを両方同時にできるようにするレッスンをご提供しています。

体験セミナーを開催していますので、まずは体験セミナーであなたの今の英語の悩みをアリスンに相談してみませんか?

お申し込みお待ちしております☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です