TOEIC勉強中の方におすすめ!4ヶ国語以上喋れる人の単語を覚えるコツ

インタビューのイメージ

2018年こそはTOEICで600点以上取れるようになりたい!外国人と英会話できるようになりたい!

そんな新年の目標を掲げるあなたに、4ヶ国語以上話せるイタリア人のビジネスマンが教えてくれた母国語と違う言語を確実に使える状態で覚えるコツ、そして私が実践している知らない単語の覚え方をお送りいたします!

 

がむしゃらにひたすら暗記はしない。1日に覚える言葉の数は3つまでと決める!

TOEICやそれ以外の試験を勉強している方を観察していると、単語本を買ってひたすらそれをなんども読んで暗記している人もいます。

しかし、何度も何度も読み返しているのになかなか単語が覚えられないという経験をあなたもしていませんか?

いまからお教えする方法は私が以前、イタリア人で4ヶ国語を話せるPaoloさんという方とインタビューをさせていただいた際に聞いた、彼が実践しているという言語学習方法です。

インタビューのイメージ

Paoloさんは母国語であるイタリア語の他にスペイン語、英語、アラビア語で会話することができ、その言語能力を生かしてアフリカで過激派組織との交渉などもしてきたという経歴をお持ちの方です。

インタビューした当時(約2年ほど前)は日本語を勉強中という彼に、「なぜそれだけの言語を確実に使えるレベルで覚えることができるのか?」という質問を投げかけた所、彼独自のやり方を私に教えてくれました。

彼が教えてくれたことは非常にシンプルなことでした。

・1日に新しく覚える言葉、単語を3つまでと決めること。(決断し)

・その決めた3つの言葉を使って街に出て積極的に会話すること。(行動する)

この”決断して””行動する”というたった二つのことをひたすら繰り返してきただけで彼は、4ヶ国語を巧みに操るマルチリンガルスピーカーとなったのです。

彼が特に重要視していたのは、覚えるというインプットではなく実際に使ったり喋ったりというアウトプットすることです。

声に出すことが大事

スムーズなやりとりにはならなくても覚えた言葉を実際に誰かに使ってみるという作業が大事だということです。

そして自分の知らない単語やフレーズが出てきたら、それをもう一度聞いてメモしておくことも大事です。

TOEICなどの試験勉強というのはどうしてもインプットな勉強になりがちですが、やはり大事なのはインプットしたことをきちんとアウトプットすることなのだと、このインタビューをさせていただいて改めて思いました。

Allisonが行っているおすすめの単語学習法!

アリスンのおすすめ

次に今度は私が自分で行っている、なかなか覚えられない単語を覚える方法をご紹介します!

その方法はこちらです!

・覚えたい単語を使って簡単な3つの文章を考える。

ということです。

ほとんどの方が英単語をただひたすら暗記するというやり方をしていると思いますが、それでは覚えるのに非効率だと思いますし、実際に外国人との英会話や文章作成で使えるのかというと疑問なところです。

単語を覚えると同時に、TOEICなどの試験だけではなく実際の会話などでも使えるようにするには、覚えたい単語で文章を考えると一石二鳥で効率的です。

SVOの3つだけしか使わないような短く簡単な文章でいいのでそれを一つの英単語につき3つ、作ってみてください。

ちなみに覚える単語については公式問題集などを見て、実際に問題として出てきた単語のなかから知らない単語、わからない単語を抽出して覚えていった方がTOEICの点数にもより繋がりやすくなります。

こちらの画像からAmazonに飛べますので、もしまだ持っていないようでしたら買ってみてはいかがでしょう?

公式TOEIC Listening & Reading問題集に入っているCDや非公式問題集のCDには、英語のリエゾンがたっぷり入っているので、実際の会話で聞ける”会話での英語の音”を聞くことができます。

単語の勉強以外にも耳を鍛えることができるのでおすすめです。

公式問題集を買ってわからない単語が出てきたらそれをメモする物も必要です!

このような自分で書き込める単語帳を買ってわからない単語をまとめておきましょう!

ペルー出身アメリカ人留学生が行っていた単語学習方法

こちらは私がAirbnbホストを以前していた際に、2ヶ月ほど一緒に暮らしたペルー出身のアメリカ人留学生の子が教えてくれたなかなか覚えにくい英単語を記憶する記憶法です。

・覚えたい英単語を英語と日本語で7回ずつ発音を意識しながらきちんと声に出すこと。

英単語を覚えるには声に出すことが大事

人間の頭というのは、一度見ただけでは頭に記憶することはなかなかできません。

なので繰り返して読むことで記憶にしっかりと定着させることが大事です。

それとこの方法を聞いて「確かにこれは大事だなぁ」と思ったのが、正しい発音を意識しながら声に出すということです。

日本人はどうしても英語をカタカナ英語で読んでしまう癖がありますが、カタカナ英語というのは実際には英語ではありません。

なので、その発音のまま英会話をしようとしても相手には一切通じることはありません。

今では電子辞書やスマホのアプリでもネイティヴの発音で単語を読み上げてくれる機能が付いているので、そういった機能を利用して正しい英語の音を知ることを意識しましょう。

そして自分の口で言ってみるということが大事です。

そうすれば、TOEICのリーディングだけでなくリスニング問題を強化することもできますのでおすすめです。

まとめ

以上、今日は私自身がおすすめする単語記憶法の他に海外の別の方の単語学習法をご紹介しました!

いかがでしたか?

いずれの方法にも共通することはなんらかの形で、覚えようとする英語をアウトプットすることが大事だということです。

やはりインプットするばかりではただの試験英語を覚えているのと変わらず、せっかくTOEICで良い点が取れたとしても実際に役に立つことはできないでしょう。

2018年は学んだら使うということを意識していきましょう\^^/

Allison’s Englishでもアウトプットすることは重要視していて、昨年の5月末には生徒たちと一緒にカリフォルニアからアリゾナ、ネバダを旅して実際に現地で英会話したり、こないだの年末年始にはフロリダ州内をぐるっと回って英語をアウトプットするというイベントを行いました!

フロリダの旅の様子は旅日記として現在随時公開中なのでよかったらそちらのブログも見てみて下さい!

 

TOEIC0点から始めるPlay-English Class開催中!

初心者のためのTOEIC対策クラス『Play-English Class STEP1』

Allison’s EnglishのTOEIC初心者のためのTOEIC対策クラスでは海外で生まれ育った代表講師のAllison(アリスン)が自身の経験を踏まえたうえで、日本人にとって必要な英語の基礎力や海外の考え方をゲームなどを交えて楽しく学ぶ、TOEIC初心者のための授業 を行っています。

現在、Allison’s English PlayEng Class体験説明会も開催しています!

ご興味のある方は当ホームページのPlay-English Classをご覧ください。

LINE@もやってます!

会話もできて!
TOEICスコアもぐんぐん伸びる!

My name is…しか
話せない人こそ大歓迎の教室

【Allison’s English】
公式LINE@始めました♪

TOEICのスコアは伸びたけど、
肝心の英語は話せない、、、

英語は話せるけど、
TOEICスコアはイマイチ、、、

そんな悩みをスッキリ解決!
【Allison’s English】

Allison’s Englishの公式LINE@では

英語のワンポイントレッスンや

英語ネイティヴの英語に対する考え方など

簡単にお送りしています!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
英語の壁を越えることで、
あなたの世界をもっと広げたい!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

そんな想いを込めて
配信していきます♪

【Allison’s English】
公式LINE@はこちらから

Allison's English LINE@

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です