ネイティブと映画Bohemian Rhapsodyについて語る

Movie

Hello y’all!
アリスンです✨

新シリーズ始まりました!


ネイティブの先生と話題をつくるため、私自身もいろんな映画やドラマなどを見て、外国人とたくさん話せる準備を常にしています。

バイリンガルな私がなぜこれをするのかというと、英語の発音や文法が完璧なだけでは英会話は楽しめないからです💦

またどんなにリスニングが完璧にできたとしても、聞いているだけではしゃべっているネイティブにとって会話ではなく一方的に喋るラジオのようになってしまい、彼らにとって全く面白くない会話になってしまいます。

だからこそ私はPublic Speakingのレッスンを使って、自分の意見を発言できるように、かつ自分が話せるネタを作っていけるようにしています❤️

パブリック・スピーキング

私たちのPublic Speaking卒業生たちは、小さなスピーチをたくさん作って自分のしゃべれるネタを増やして行くか、オールイングリッシュで行うイギリス人のJames先生のメディアクラブに参加しています。

自分から英語でどんどん意見を言うことの楽しさを実感してもらっています✨

海外で生まれ育った私でも、やっぱり両親が日本人なので、まだまだこのような話題の引き出しが少なく、会話がし辛いなと自分でも思う時があります。

だからこそたくさんクラシックな映画や今流行っているドラマや映画を見るようにしています。

欧米人の普段の会話は仕事の話はほとんどせず、自分の趣味の話や流行りの何かについて話をすることがほとんどです。

なので、趣味などの話ができることはとても重要なのです🎵


今回の記事では
私が初めて映画の話でネイティブと盛り上がったものを紹介します!

その映画とは

「ボヘミアン・ラブソティー」
です。

ちょうど一年ほど前にネイティブの先生としてお手伝いした両親の英会話スクールで、当時流行っていたボヘミアン・ラプソティーの話で盛り上がっていました。

わたしは普段あまり映画を見ないタイプですが、QUEENが好きなのでこの映画はしっかり見ていました。

そしたら
“What did you think of it?”
「どうだった!?」
と聞かれた時に
“I thought it was really good! I moved and cried so hard!”

「めっちゃ面白かった!感動してめっちゃ泣いた!」
と言いました。

ちょうどその時話していたネイティブがジェームズ先生で、それがわたし達が初めて会った時の会話でした笑

そしたらなんとジェームズが
“I thought it was a bad movie.”
「僕は微妙だと思った。」

えーーー!?

えーーーーーーーーーー!?
あの素晴らしい映画をクソだって思う人がいるの!?

と思い、
なんで?なんで?なんで?

とめっちゃツッコミました(笑)

聞いているみると、そもそもジェームズは実話に基づく話はあまり好きじゃないみたいです。

実話を作るなら亡くなった本人が喜ぶようなものをつくるべきだと言う意見みたいです。

そしてこのボヘミアン・ラプソティーに関しては、ボーカル以外は生きていて、表現の仕方に少し不公平があったとのことです。

パーティーをしているシーンで、ギタリスト、ベーシストとドラマーはみな
「奥さんがいるから(家族がいるから)帰るわ。」
と途中で出て行くシーンになるのですが、「それがどうしてもおかしい、納得がいかない!」
と言う意見でした。
これに関してはその場にいた他のネイティブたちも同意。

 

確かにちょっぴり気になったけど、そんなに!?
と思いました(笑)

でもこうやってとにかく話す話題をどんどんつくって、納得いかないことについてを会話のツマミにするんだなと思いました。

ぜひみなさんもこんな会話を英語で海外の人と楽しんでみてください。

では
See you next time!
アリスン

移動中でも簡単に学べるAllison's Englishの無料LINE@

Allison's EnglishのLINE@では英語初心者やTOEIC初心者の方に向けた
・ワンポイントレッスンや英語のゲーム
・ネイティブが使うイディオムフレーズの紹介
・セミナー開催情報などを無料で配信中☆
ちょっとした隙間時間や移動時間、休憩時間などにできちゃいます!

ぜひぜひ一度、ご登録してみてください!ご登録は無料です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です